カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第269夜(第269話)「将たる務め」の感想(ネタバレ有)

マギ 第269夜(第269話)「将たる務め」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 白龍の降伏勧告をきっかけに、ついに戦いの火蓋が切られることに。はたして勝つのは白龍かそれとも紅明か…



汚ねえ技で兵共を手懐けたもんだな

 白龍側の兵達のほとんどはベリアルで操られてしまっているように見えますが、はたして自らの意志で白龍に従っている兵達はどれほどいるのやら…もしかすると二人の老将軍以外はみんな操られてしまっていたりして…!?


紅覇様、紅玉様!!「金属器使い」のお2人が来てくださったからにはもう大丈夫だ!!

 彼我兵力差で圧倒しているにも関わらず、いきなり序盤から雑魚相手に金属器使いの二人が出なければいけない状況というのは、ちょっとヤバイのでは…これでは先が思いやられるような気が…


僕にはおまえしかいないんだ!!!

 これまでの紅玉の煌帝国内での立場(扱い)といえば、お飾りの皇女とか名ばかり将軍とかそんなんばっかりだったけど、今回はじめて他人から本気で必要とされた…というのはちょっと言いすぎでしょうか!?

 紅覇は見た目こそチャラい坊っちゃん風ですが、相手を出自や見た目だけでは判断せずに、まっすぐに言葉で気持ちをぶつけてくるところが、すごく熱いと思いました。こんな「僕にはおまえしかいない」なんて言われたら奮い立たずにはいられないというものです。


お兄様だけに、魂を返り血で汚させるわけにはいかないわ…!!!

 せっかく紅玉が活躍しているところに水を差すようなことを書いて申し訳ないのですが、紅玉が活躍すればするほど不安を抱かずにはいられないのですよ。シンドバッドがゼパルで紅玉を裏切らせる可能性がどうしても否定しきれないので…


広告

関連記事
No title
紅玉は優しすぎるところがあるので、
敵に対して非情に徹することができるかという点では、
不安なところはありますね。
[ 2015/06/10 05:34 ] [ 編集 ]
No title
シンドバットの件以外に紅玉は精神面も不安ですね。
割り切ろうと必死なのは見てわかりますけど、
紅覇みたいに元から割り切って躊躇ないタイプならともかく、
紅玉は兄だけに血を浴びせるわけにはと言ってても、
この時点で精神面でいっぱいいっぱいなのは明白、
紅玉の精神的な部分を狙われたら、前線は一気に不利になると思います。
[ 2015/06/03 20:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第361夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第157夜 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.358 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月9日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ