カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ワールドトリガー » ワールドトリガー 第102話「那須玲」の感想(ネタバレ有)

ワールドトリガー 第102話「那須玲」の感想(ネタバレ有)

2015/05/18 05:10 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(2)

これまでの簡単なあらすじ

 激闘の末、遊真が村上鋼を倒し、勝敗の行方は各隊の隊長対決へと委ねられることに。那須隊長が圧倒的有利な状況の中、修はどう戦う…!?



鈴鳴第一ってのはそういう部隊(チーム)だ

 そのあたりの事情がちょっと気になるのですが、今後作中で触れられる機会があるかどうか…


もっと実のあることいいなさいよ

 なんてうらやましい…おいヒュースそのポジション俺と替われ!(←おいw)


砲撃で遠距離から戦場の地形条件を変えられる点だ

 なるほどそう言われてみればたしかに…この試合の中でも千佳の砲撃で何度も戦況が大きく変わっていましたしね…

 今回の戦況分析からもわかるように、ヒュースは仲間になってくれたら、これほど頼もしい存在はいないと思うんだけど…

 それと陽太郎が意外と聞き上手なのには驚かされました。まだ5歳のお子さまだというのに、このコミュ力の高さは一体…


もうトリオンがないみたい…悔しいわ…

 本当にこれがただの模擬戦?なのかと思えるくらいに、この那須隊長と遊真のシーンがすごく絵になっていて印象的でした。


最終スコア 4対3対2 玉狛第二の勝利です!

 これで玉狛第二が三連勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 今回もまた見事な作戦勝ちでしたね。

 しかしB級中位でこれだと、この先勝ち上がっていくのはなかなか難しいんじゃ…今回の那須隊長の戦い方は修にとっても色々と参考になるところがあったような気がするのですが、やはり隊長の修がもっと強くならないと、ですね…


……なるほどこいつはたしかに曲者だ

 おおっ、最後の方では、ついにあの太刀川さんも修のことを認めていたじゃありませんか…!!しかしこの活躍によって、これまでノーマークだった修も目をつけられることになって、今後のランク戦はますます厳しくなりそうな予感が…



広告

関連記事
No title
さすがに模擬戦を3回はちょっと長かったかもですね。
次号では新たな局面が待ち受けているようなので、そこに期待したいです。
[ 2015/05/21 22:58 ] [ 編集 ]
やっとランク戦終わりましたね。
今度こそヒュース回きてほしいです。
もうこれ以上焦らさないでほしいですm(。≧Д≦。)m
[ 2015/05/18 12:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ