カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 青の祓魔師 » 青の祓魔師 第66話「ピンクスパイダー中編」の感想(ネタバレ有)

青の祓魔師 第66話「ピンクスパイダー中編」の感想(ネタバレ有)

2015/04/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(1)

※ thefunnel.jpへの転載は禁止です。

これまでの簡単なあらすじ

 みんなすごく志摩を心配していたのに、当の志摩本人があんなふざけた態度でのらりくらりとかわすものだから、いわゆる志摩カスフルボッコ状態に。そこに志摩をスパイにした張本人のメフィストが現れて…!?そして今回、イルミナティで二重スパイしているはずの志摩が、なぜここにいるのかその理由も明らかに…!?



拷問することになるね はわわ

 出雲はイルミナティでもっと酷い目に遭わされていますけどね…


お前は正十字騎士團に戻れ 総帥からもそう指示を受けている

 今回志摩が帰ってきた理由が明らかになったわけですが…えっと状況を整理してみると、志摩が裏切り者だと思っていたら、実はメフィスト直属の二重スパイで、でもイルミナティからも逆スパイとして送り込まれてきているという…志摩が一体何重スパイなのかわからなくなってきそうです(苦笑)。


…でも正直イルミナティにも信用されてるかどうか…

 あの女隊長の態度からしても、とても信用されているようには見えませんが…


違う!!お前(メフィスト)だよ!そもそもお前が信用ねーから志摩が疑われてんだろーが!!

 ここでも志摩フルボッコかと思いきや、まさかのメフィストフルボッコ展開に。みんなメフィストに対して疑惑とか疑問とか不満とか不信感とか相当溜まっていたなこれ…それがこのような場を与えられて、燐が口火を切ったことで、一気に噴出してしまったわけですが…


サムエルってゆう…悪魔の王の一人なんだ!!!

 な、なんだってー!!(棒)

 でもごめん俺も最初どこが間違っているのかわからなかったし。ぶっちゃけサムエルでもサマエルでも大して変わらないような。(←ちょw)

っていうか、メフィストが悪魔の王であることは、常識…公然の秘密みたいなものだったんですね…しかもしえみまで知っていたとは…


そして何より最大の謎があります 何故魔神の落胤を生かし育てているのか

 今回久しぶりに本編で雪男の見せ場らしい見せ場を見たような気がします。っていうか、メフィストも言っているように、この質問は今さら感がしますけどね…


確かに仰る通り 私はあなたたちに強制的に試練を与えている(中略)決まっているでしょうルシフェルに勝つためですよ

 いやまあそれにしても(一部の人しか知らなかった)衝撃的な事実が次から次へと出るわ出るわで、ちょっとびっくりでした。そしてついにはメフィストに彼の目的?本心?を言わせるにまで至ったわけですが…


虫螻同然のあなた達は偉大な者の脅威に翻弄されるくらいで丁度いい

 ついに本性を現し始めやがったなこいつ…しかし強制的に試練を~とかあなた達は私の手駒~とまで言われてしまったら、さすがに燐達もこれまでと同じようにメフィストの言うとおりに動くとは思えないんですけどね…


俺は信頼してます(中略)志摩は俺達の仲間だ拷問はさせねえよ

 志摩信頼されているなあ…燐や勝呂達が熱すぎです…こうなってくるとなおさら志摩がみんなのことをどう思っているのかが気になりますね…


奥村先生総帥に会わはったんですよね

 ここで私が気になったのは、雪男がルシフェルに会ったことがあるかどうかよりも、なぜ志摩が雪男にこのことを聞いてきたのか…です。前回の勝呂たちとのやりとりを見てもわかるように、あの志摩が何の理由もなしに他人に踏み込むようなめんどくさいことをするとは思えないのですが、まさかこれもスパイ活動の一環…!?それとも雪男をスパイだと疑ってる…!?


じゃあー俺が弁当作りのコツをスパイ~(今月号から正式に連載が始まったスピンオフ「サラリーマン祓魔師奥村雪男の哀愁」より引用)

 私も…どういう訳か上手そうだと思いました…スパイ…


広告

関連記事
No title
とりあえず志摩はこれからの行動は責任重大なのは間違いないですね。
下手するとイルミナティにバレて処分される可能性もありますし、
一番漏らしてはならない情報とかを事情が事情とは
言え流してしまう可能性もあるわけですから。
志摩の状況は完全に三重スパイ、味方の情報を敵に流しつつも、
最重要情報とかは流さないようにしないといけないですし、
全く動かなかったらイルミナティに怪しまれてスパイという事がバレる危険性ありですから。
とりあえず、言える事は志摩自身は
三重スパイになるとは夢にも思わなかったでしょうね。
三重スパイってどう考えても志摩が苦手中の苦手、めんどくさい事ですから。
[ 2015/04/07 14:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ