カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 氷球姫 » 氷球姫×常磐木監督の過剰な愛情 第66ピリオド(第66話)「カンタンなこと」の感想(ネタバレ有)

氷球姫×常磐木監督の過剰な愛情 第66ピリオド(第66話)「カンタンなこと」の感想(ネタバレ有)

2015/03/25 00:01 | 少年(裏)サンデー 氷球姫 | コメント(2)

※ thefunnel.jpへの転載は禁止です。

 次回最終回ってマジですか…すごく好きな漫画だっただけに名残惜しいです…

これまでの簡単なあらすじ

 自慢の揺さぶりやラフプレーが通用せず、イーラのイライラは募るばかり。そしてついに爆発するかと思われたイーラに対して、桜花咲耶さんがしたアドバイスとは…



梅ヶ枝選手…行ったー!!!イリーナ選手を壁際に追い込む!!

 フーカってばイーラを追い詰めたキレのある動きもさることながら、イーラからパックを奪ったスティックさばきも見事なものでしたよね。もう何度も同じこと言っているような気がしますが、本当にここ最近のフーカの成長ぶりは目を見張るものがあります。


でもたしかに!今日の試合は負けたけど楽しかったなァ!

 現役(女子高生?)時代の桜花咲耶さん…やっぱりこうして見ると、今と昔だと随分印象が違いますよね。昔と比べると歳相応に落ち着いた感じに見えるというか、大人になったというか…


ただあたしは、真剣勝負の面白さってやつを、皆に知ってもらいたかっただけ。

 このとても穏やかで優しげな表情を見て確信しました。(隣の女装監督も言っていましたが、)桜花咲耶さんは一見すると変わってしまったように見えるけど、実は常盤木と一緒にいたあの頃のままなんだなと。


もう自分のこと誤魔化すんじゃないよー…!

 あのラヴロワ監督でさえ持て余してしまったイーラ…をよくぞここまで見捨てずに導いたものだと、素直に感心せずにはいられませんでした。いやでも一番すごいのは桜花咲耶さんを含めて自分に関わった人達を次々と変えていってしまう常盤木なのかもしれませんね…


真剣勝負の、その果てに…次号、衝撃必死の最終回ー!!!

 いやなんとなく決勝戦が終わったらこの漫画も終わっちゃうんじゃないかと思っていましたが、まさかこんなにも早くその時が来てしまうとは…自分的には決勝戦の勝敗の行方も気になりますが、それよりも常盤木と紅羽たんの仲がどうなるのかの方が気になります。



広告

関連記事
No title
今回のお話を読んでいると、そう思えてきますよね。
[ 2015/03/26 21:53 ] [ 編集 ]
桜花と青葉って結構お似合いなのでは…?
[ 2015/03/25 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第361夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第157夜 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.358 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月9日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ