カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第259夜(第259話)「王の器の決着」の感想(ネタバレ有)

マギ 第259夜(第259話)「王の器の決着」の感想(ネタバレ有)

サンデーフェス2015で大高忍先生のサイン会が行われるそうですが、
こんなチャンスもう二度と無いかもしれないので何としてでも当てて行きたいです…

これまでの簡単なあらすじ

 ついにアリババと白龍の極大魔法が激突!その結果、白龍は両脚を失ってしまい、見るも無残な姿に。しかし勝ったと思われたアリババの様子が…!?



ジュダル、勝ったのは俺だ!!アリババの損傷はそれ以上だ。

 まさか本当にこうなってしまうとは…考えうる限りで最悪の結末を迎えてしまい、ショックで言葉もないです。

 でもこうしてアリババが白龍の両脚を斬ったシーンを見ると、やはりわざと腹部を外しているように見えます。それに対して白龍はもう躊躇なくアリババの頭部を狙っているのが何とも…


まったく別の次元へ葬られてしまった。

 その「別の次元」とやらから、アリババの精神を連れ戻す方法があるはず…だと思いたいのですが…


今さら脚の1本や2本…安い代償だった。ハハハ… さすがは俺の選んだ「王の器」だぜ。

 白龍とジュダルがあまりにもゲスすぎて、不謹慎かもしれませんが、ちょっと笑ってしまいました。

 でもこれまでアリババが白龍を連れ戻すためにあんなに必死に頑張っていたというのに、その結末がこれとはあまりにも酷すぎます。

 白龍が勝ったはずなのに、なぜか白龍が可哀想に思えてきてしまうのは…

 あと白龍は「安い代償」と言っていましたが、この後、紅炎達との戦いも控えているのに、本当に「安い代償」と言えるのかが…


やはり見えない…力の次元が…!!

 この構図は…!!マギ読者の方々にはあえて言うまでもないとは思われますが、かつてのアルマトランでのソロモンとアルバの直接対決の時と同じ構図ですよね。あの時は、ソロモンが魔法でイル・イラーを異空間へ押し戻し、アルバ達「アル・サーメン」も異空間へ封印していましたが…


てめえ、いつまで押し比べを続けるつもりだ? 永遠(ずっと)だよ。

 アラジンが何をしようとしているのかはまだよくわかりませんが、アラジンもジュダルもただでは済まない予感が…



広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ