カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » アニメ » アルドノア・ゼロ 第20話「名誉の対価 —The Light of Day—」の感想

アルドノア・ゼロ 第20話「名誉の対価 —The Light of Day—」の感想

2015/03/01 08:19 | アニメ | コメント(2)

今回、色々と物語が大きく動き始めましたが、
この先の展開がどうなるのか全く予想がつかないだけに、楽しみでもあります。

地球側が愚かな物量作戦で全滅するのが先か、
火星側が内部分裂で崩壊するのが先か、
あるいはそのどちらでもない第三の展開の可能性も…

本物の姫とニセモノの姫が、今後の物語の動向の鍵を握る、そんな予感がします…

このアニメの登場人物の中で一番可哀想なのは、やっぱりレムリナ姫ですかね。
本物の姫が目覚める前と後での、スレイン君のレムリナに対する扱いが違いすぎて、もう、ね…
スレイン君がレムリナ姫をどうするつもりなのか、考えるだけでも恐ろしいです。

いかに姫様を幸せにできるか…って、それはスレイン君には無理な気が(苦笑)。
本当にアセイラム姫の幸せを考えるのならば、イナホの元に返してあげるべきでは…

マズゥールカさんは意外といい仕事してくれていましたよね。
っていうか、スレイン君&ハーさん不在時の揚陸城の責任者がリッゾって、
いくらしっかりしているとはいえまだ子供だし、マズゥールカさんへの受け答えもバレバレだったし、
スレイン君には他に信頼できる腹心の部下がいないのだろうか…

今回、地球軍ではマリト大尉が頼もしすぎでした。
とてもあの1期の頃の出撃すらままならなかったマリト大尉と同一人物とは思えない位に…

今回、イナホは戦艦の計器類の代わりをするという、
またもや人間離れしたところを見せつけてくれましたが…
左目の使いすぎで、ついに脳にも影響が!?
ちょっと心配ですよねこれは…

今回、インコはイナホに対して何も言えずじまいでしたが、
インコがヒロインらしい所を見せられるかについても注目したいです。

No title
スレイン君はザーさんとは違って、人の上に立つ器ではなかったということなんですかね。
どちらの姫にもいい顔をしようとして、どちらの姫とも関係が危うくなってきてしまっていますし。
[ 2015/03/01 18:40 ] [ 編集 ]
No title
今回のスレインを見てると「三日天下」という言葉が似合いすぎてますね。レムリナ姫はスレインが好きすぎるあまりヤンデレ化が進んでますし、ハークライトは立場が怪しくなってきています。エデルリッゾはアセイラム側ですがスレイン側ではないですね。MVPは間違いなくマズゥールカ卿ですね。問題はこの人がどんな風に真実を公開するかにかかってる気がします。地球軍が負けるのか、火星が内部分裂するのか、スレインが後ろから刺されるのか、イナホに限界が来るのか、どれが最初に来るかが重要になりそうです。
[ 2015/03/01 17:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ