カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » アニメ » アルドノア・ゼロ 第16話「熱砂の進撃」の感想

アルドノア・ゼロ 第16話「熱砂の進撃」の感想

2015/02/01 07:17 | アニメ | コメント(2)

今回のお話、自分的にはユキ姉無双でした。
このアニメのヒロインは姫でもインコでもなくユキ姉なんじゃ…

冒頭に登場した寝顔のユキ姉はマジ女神でした。
イナホが目を覚ましたとわかった時のユキ姉のナオ…くん…の破壊力ときたら…

てっきりユキ姉はマリト大尉についていったものだとばかり思っていたら、
実は違うことが判明してホッとしたようなガッカリしたような。
そりゃまあ最愛の弟があんな死にそうな目に遭わせられたのを間近で見たら、
姉としてはなんとしても軍を辞めさせなきゃ という気持ちにもなりますよね…

久しぶりの再会なのにそっけない所がイナホらしいといえばらしいのですが…
実はすごく嬉しいけどどうその感情を表現したらいいのかわからないと見たw
次回はユキ姉がイナホに対してシスコンぶりを発揮する所を見てみたいですね。

まさかのマリト大尉の復活&活躍キター!?
まだ完全復活かどうかはわかりませんが、
それでも出撃すらできなかった頃と比べるとだいぶマシになった!?

しかし大気圏外からの超長距離射撃すらやってのけるとは、
イナホはどこかのガンダムマイスター(ネタ古くてすみません)かよと。
っていうか、よく銃弾が燃え尽きずに残ったなと。

あのかませの火星騎士がその後どうなったのかが気になります。
1.トドメ 2.捕虜 3.自決
考えられる可能性としてはこんなところでしょうか!?

スレイン君悪い笑い方するようになったなあ…(苦笑)
いよいよ悪役が板についてきてしまったという感じがしました。
イナホが最後に言っていた仕方ないか…って、なんか怖いんですけど(苦笑)

No title
 まあ単騎で挑んできてはイナホに返り討ちに遭うという、何度やられてもいつも同じパターンを繰り返していたような人達ですからね…これまでは一枚岩じゃないところに付け入る隙がありましたが、一致団結されるとさすがにヤバいかもです。
[ 2015/02/04 01:56 ] [ 編集 ]
No title
イナホ的にはユキ姉の反対を押し切って戦ってるようなものだから顔合わせづらいのかな?とりあえずスレインの活躍で火星人がどれだけ力任せの真っ向勝負を挑んでいたのかがわかりました。スレインが統率したら地球制圧なんてあっという間なんじゃ・・・。それと北欧神話ネタでイナホ=オーディン、スレイン=狼=フェンリル、ザーツバルム=ロキ、デューカリオン=グングニルという図式が頭の中で出来てきました。元ネタ的にはイナホが不利ですけど、どうなるんでしょう。
[ 2015/02/01 15:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ