カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ワールドトリガー » ワールドトリガー TVアニメ第3話「三雲修の実力」の感想

ワールドトリガー TVアニメ第3話「三雲修の実力」の感想

2014/10/19 08:48 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(2)

うーん、ほとんど原作通りにアニメ化されているはずなんだけど、
こうも戦闘に迫力を感じられないのはどうしてなんだろう…?
前回の感想記事で指摘した作画と、あとは動きがもっさりしているせいなのかな…

戦闘体の制服の色についてですが、
同じトリガーを使っていても、修が白だったのに対して、遊真が黒だったのは、
修がC級隊員で、遊真が黒(ブラック)トリガーだからなのでしょうか。

原作では白黒なのでいまいちわかりづらいのですが、
TVアニメでは嵐山隊の赤い制服は鮮やかに映えていましたね。

毎回どこかしらにチカの出番があるのは、アニメスタッフGJと言わざるを得ませんな。
こういう良改変ならむしろ歓迎したいですね。
チカ可愛いよチカ。

そして今回ついにヒロイン?の木虎の出番が。
典型的な上から目線の嫌味なエリート女っぷりは期待どおり…いや期待以上です。
(声優さんの演技は完璧でしたが、アングルが微妙…なぜ原作通りの上から目線のアングルにしなかった…)
わざわざ修と張り合ってみせたところには、ニヤニヤが止まりませんでした。
これは次回の遊真とのやり取りにも期待できそうですな。
No title
そうなんですか…早く東映の本気を見てみたいですね。

ワールドトリガーはテンポの良さとバトルの駆け引きが醍醐味なので、
オリジナル話はやめてほしいですね…
[ 2014/10/22 00:36 ] [ 編集 ]
No title
まぁ、東映アニメですし、迫力不足になるのは仕方ないと思います。
その分、魅せるところは結構本気に出るのも投影アニメですけどね。
わかりやすく言うと頑張るところとそうでないところが極端なんです。
あと始まったばかりなので原作通りですけど、
原作ストックを結構使った後は覚悟しておいた方が良いですよ。
もし長寿アニメ化したら原作ストック的な意味でアニオリ入るのは
長寿アニメの伝統ですから。
[ 2014/10/20 19:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ