カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 管理人からのお知らせ » Helck (by七尾ナナキ先生)第9話「未知の敵・翼の兵士」(平成26年7月7日更新分)の簡単な感想

Helck (by七尾ナナキ先生)第9話「未知の敵・翼の兵士」(平成26年7月7日更新分)の簡単な感想

2014/07/07 08:29 | 管理人からのお知らせ | コメント(0)

今回の簡単なあらすじ


 ついにウルム城に到着した運営のアンことヴァミリオ様とその一行だったが、そこで彼らを待ち受けていたのは…


敵のリーダーにトドメを刺したものがこの大会の勝者となる。魔王になりたければリーダーを倒せ。


 いよいよ魔王を決める大会も決勝戦…大詰めを迎えたといったところですね。

 準決勝までの和気あいあいとした雰囲気から一転して、一気にシリアスな展開に突入してきましたが…


でもやっぱり一番注意すべきはヘルク…


 脳天気な男共とは対照的に、女性陣はヘルクのことをかなり注意…警戒していますね。それも当然といえば当然のことですが…


これは自分の罠によって受けた傷だ。ボクは誤って仕掛けた罠を踏んでしまったんだ。


 これはwww盛大に吹いたwww

 この話を聞いた時の、「何やってんだお前」とあきれた表情で突っ込むヴァミリオ様もまた可愛かったですけど。


ヘルクにこの大会のことを教えたのはボクだ


 な、なんだってーっ!!

 しかしアズドラの話を聞いて、ヘルクはなぜトール城にいたのか、アズドラと本気で戦わなかったのか、ヘルクが一体何を考えているのか、ますますわからなくなってきてしまったのですよ。


あぁ!もう!バカァ!戦闘開始!


 あぁ!もう!ヴァミリオ様ってば可愛すぎるぅ!!


戦うか…ヘルク… ……… 戦え…


 でもこれまでの展開からすると、ヘルク絡みでヴァミリオ様の思い通りになったことがないからなあ…はたしてヘルクは素直に戦ってくれるのかどうか…


ズサッ ゴゴゴ…


 えっ、あの女魔族(←名前忘れた)がいとも簡単にやられてしまうとは、敵のリーダー強すぎる…これはメチャクチャヤバい展開なのでは…この状況ではたしてヘルクはどう出るのか…
広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ