カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第212夜(第212話)「汚い手」の感想

マギ 第212夜(第212話)「汚い手」の感想

これまでの簡単なあらすじ


 アリババが紅玉に先ほどの紅炎とのやり取りを話そうとしたところ、急に紅玉の様子がおかしくなってしまう。そうそれはまるで紅玉の姿をしたシンドバッドが話しているかのようで…


いや、あいつら(=モルさんやオルバ達)にはまだこのことは話してない。


 やはりアリババは誰にも…モルさんにさえ相談せずに一人で決めてしまったようですね。

 でもこれはモルさん達の意見を聞くつもりがないというよりは、自分に無理についてくる必要はないから、どうしたいかはお前達(=モルさんやオルバ達)が決めろとでも考えているのでしょうか?


アラジンにも、これからどうするかは彼自身に選ばせると約束しよう。


 それでもおそらくモルさんやオルバ達はアリババについてくると思いますが、アラジンはどうするのかが気になりますね。アリババとモルさん達の関係が主従関係に近いのに対して、アリババとアラジンの関係はほぼ対等であるからして、それなりの理由や目的がないと一緒には来てくれないかも…


さっきの君の煌帝国入りの話だが…これはそんなに深刻じゃない。


 アリババが煌帝国入りをためらっていたのは、恩人のシンドバッドやシンドリアの人達を裏切ることになる後ろめたさが大きかったと思うのですが、こうしてシンドバッドから自分だけではなく師匠達も理解してくれると言われたら、もう煌帝国入りの(物理的な意味でも精神的な意味でも)障害は無くなったも同然のような気がします。


最後に、俺は君のことを何があっても味方だと思っているよ。それじゃあな!


 シンドバッドはずるいですよね。アリババの気持ちを尊重する(アリババのやりたいようにやればいい)ようなことを言っておきながら、最後にこんな事言われたら絶対裏切れないじゃないですか。


俺は今、3つの命の力を借りて世界中から情報を集めている。1つは煌帝国、もう1つは自分の領土内、最後の1つは君にも教えられないがね。


 シンドバッドが紅玉と同じように無意識でスパイさせている人があと二人もいるなんて…それが一体誰なのか、もうすでに登場したキャラクター達の中にいるのか、すごい気になります。


だが君は想像した方がいい。頭の中に、敵国の盗聴魔法が仕掛けられていると発覚した紅玉姫が、煌帝国の中でどんな悲惨な立場に追い込まれるかをな。


 これは絶対アリババが紅玉をそんな目に遭わせられるわけがないことをわかったうえで言っていますね。やっぱりシンドバッドはずるい…卑怯です。

 でもたとえばこれがアリババが原因で紅玉がこうなってしまったのならまだわかりますが、自分が元凶なくせに顔色一つ変えずにこんなこと言えてしまうなんて、シンドバッドのことちょっと見下げ果ててしまいそうですよ…


そして俺も、どんな汚い手段でも使うよ。自分の国を守るためならな。


 今回シンドバッドもそして紅炎もまた同じことを言っていましたね。そして二人はアリババにも王ならば自分の国を守るためにそうしろそうなれと言っているように感じました。

 こうしてアリババも汚い大人になっていっちゃうのか…でもそんなの嫌だなあそんなアリババ想像もしたくないよなあ…それに自分の国を守るためなら他の誰かを犠牲にしてって、少なくともアリババの場合はそれはやっぱり違うと思うんだけどなあ…

 むしろそういう犠牲にされる人達…虐げられし弱い人達を助けるのが、アリババらしいと思うんだけどなあ…


いいや、やつ(=白龍)は俺に、何もできないだろう。そう俺たちが仕向けているからだ。


 紅炎はアリババに色々なことを話してくれたように見えて、実は肝心なところは何一つ話してくれませんでしたね。

 今、白龍はジュダルと手を組んで、何やら良からぬことを企んでいるようですが、紅炎はそれを知った上であえて泳がせているとでも言うのでしょうか?それにしたって何もできないとは一体どういうことなのでしょうか?まさか白瑛さん…最近白瑛さんと親密になっているのも、いざとなれば白瑛さんを盾に手出しさせないつもりだとか?そもそも紅炎があれほど白龍のことに詳しいのも、白瑛さんから白龍の情報を得ていたりする?


やつが……「恨み」を飲みくだせぬ王の器であったからだ………


 まあ恨んだ相手は消すしかないとまで言っていましたからね…王というよりまず人としての器が小さいと思われるかもしれませんが、そもそも白龍がこうなってしまったのも、生まれつきの性格もあるのかもしれませんが、幼少期のトラウマ…母親の玉艶の裏切りと死ぬ直前に兄が言った「戦いぬくと誓え、この国の仇敵を討て」という言葉の影響が大きすぎるような気がするんですけどね…

 
 今回は紅玉と白龍の扱いがちょっと可哀想すぎるかなとも思いました。国を守るという大義名分の元で、個人の恨みや恋愛感情につけこまれていいように利用されてしまっていますからね…
広告

関連記事
うーん、花月さんは白龍に厳しいですね…

そもそも白龍が王の器であることが間違いなのでしょうか…

このまま堕ちるところまで堕ちていく白龍は見たくないですね…
[ 2014/02/01 18:51 ] [ 編集 ]
紅玉は完全に利用されてる立場なので可哀想なのは仕方ないとして、
白龍に対しては白龍自身がジュダルと組む道を選んだ以上、
可哀想とは思えないですね。無意識のうちに利用されてるのと、
自らの意志で落ちるところまで落ちるのはまた違いますし。
白龍の根本的な部分の問題ですし、誰かが白龍を連れ戻すきっかけを
与える事が仮にあったとして、最終的に決めるのは白龍自身、
自ら決めた事に可哀想とかそういうのはないと思うんです。
むしろ、仕方ないと思えてしまうんです。
そもそも、紅炎の策で白龍に悲しみが起きても
恨みに取り憑かれた白龍にも責任は間違いなくありますから。
[ 2014/01/29 02:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ