カレンダー(月別アーカイブ)

12 ≪│2018/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ミウラタダヒロ » ミウラタダヒロ 読切 » GAZER(byミウラタダヒロ先生)の簡単な紹介と感想

GAZER(byミウラタダヒロ先生)の簡単な紹介と感想

2014/01/04 13:19 | ミウラタダヒロ ミウラタダヒロ 読切 | コメント(2)

あの「ふぁみドル!」「恋染紅葉」のミウラタダヒロ先生が、
今週号のジャンプ掲載の新作読切「GAZER」で新境地を開拓…!


本日発売の週刊少年ジャンプ6・7合併号に、
ミウラタダヒロ先生の新作読切「GAZER」が掲載されていました。

もうみなさんご存知かと思われますが、ミウラタダヒロ先生といえば、
私達読者が思わず身悶えするような"うらやまけしかラブコメ"を描かれることで有名です。
※ミウラタダヒロ先生の代表作は「ふぁみドル!」「恋染紅葉」などなど。

そんなミウラタダヒロ先生の新作読切が掲載されるとあっては、
期待するしかないじゃないですかぁあああっ!!
しかもヒロインは年上のキレイな(可愛い)お姉さん!!

しかし期待と同時に不安要素も少なからずあったりなかったり。
ここ最近は(恋染紅葉までタッグを組んでいた)坂本次郎先生の名前が無く、
今回もミウラ先生がお一人で描かれているようなんですよね。
※「協力:小島卓」と下の方に小さく書かれていましたが
それにポリスアクションとは、これまでとはジャンルが違うのも…


今回の簡単なあらすじ


 捜査一課に所属する女刑事・霧崎彩鳥は人の心の声が聴こえる超能力者で、ある日、その能力によって巷を騒がす爆殺魔の正体を知るのだった。しかし上司も職場の仲間達も誰も彼女の言うことを信じてはくれない。そこで彩鳥は噂に聞いた天才捜査官のいる通称・オカルト課に行ってみることに。こうして彩鳥は天才捜査官と共に、連続爆殺事件の調査を始めることに…


き…キレイなお姉さん来たあああ!


 実は天才捜査官というのが、自分よりも年下の天才少年だった…というのはまあよくある展開ですが。重要なのはそこではなく、ヒロインが年上のキレイな(可愛い)お姉さんだということです!そして(いくら天才でも性については思春期男子そのものの)主人公の少年が私達読者の声を代弁してくれているということです!!なぜなら主人公に読者である自分を重ねて、年上のキレイなお姉さんにドキドキしまくりだからです!


ば…馬鹿な!?この女まさか…パンツが丸見え…だと!?


 ふぅぉおおおぉおおっ!!いきなりパンチラならぬパンモロキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 年上の女性が、まだ年端もゆかぬ思春期の少年の前で、よりにもよってパンツ(それもアダルトなやつ)を丸見え…丸見せとは、けしからん!実にけしからんですな!wwwしかもパンツを見られた時の表情やリアクション、この年上の女性が見せる恥じらいや可愛さ、大人の女性のエロチシズムがもうっ!もうっ!

 いやもうこのシーンで、前述した不安などすっかり消し飛んでしまいましたwたとえこれまでの作品とはジャンルは違えども、安定のミウラタダヒロ先生クオリティに一安心w


…いっそ接吻でも…い…いや!さすがにソレはマズかろう!!ボク達まだ出会ったばかりだし…でもホッペにチュウくらいなら…!?そわそわ


 まだ出会ったばかりの年上のキレイなお姉さんとで、で、ででででデートぉおおおっ!?

 捜査にかこつけてデート…いや逆か、カップルのフリして捜査とか、職権乱用もいいところだろうらやましすぎこんちくしょうぉおおおっ!!

 これまた安心安定のミウラタダヒロ先生クオリティ…うらやまけしからん展開に(以下ry。

 そして何より私服姿の彩鳥さんがかわええw仕事のスーツ姿とのぎゃっぷが…すごくいいいぃひいぃい!!

 ハァハァ、年上のお姉さんに自分の思春期的な欲望が丸聞こえなこのシチュエーション、年上のお姉さんに突っ込まれたりうまくあしらわれたりすると、これまで気付かなかった年上の女性の魅力に…年上属性という新たな自分に目覚めてしまいそうです…


ほっぺにちゅー!ほっぺにちゅー!!ほっぺにちゅう!!!
事件解決したらおでこにちゅー!おでこにちゅう!!!
なッ!?だだ誰が貴様のような年増のちゅーなど!


 年増…もとい年上のキレイなお姉さんのちゅう…これを最高のご褒美と言わずになんと言うのだろうか!!

 彩鳥お姉さんの唇の柔らかくてとろけそうな感触…ふわっと漂ういい香り…大人の女性の魅力を想像するだけでももうっ!もうっ!


ぜひこの作品はジャンプ本誌で連載して欲しいですね


 この作品の最大の見どころは年上のキレイなお姉さんとのうらやまけしからシチュエーションにあります。

 天才少年と心を読むことができる女性刑事が、超能力犯罪に立ち向かっていくという、本筋のストーリーやドラマ、バトルシーンもなかなか読み応えがあって楽しめました。

 今回は読切ということでしたが、ぜひジャンプ本誌で連載で読みたい作品ですね。
広告

関連記事
恋染紅葉は色々思うところがありましたが、
ニセコイは小野寺さんを登場させて成功でしたし、
良い方向に変えてくれると期待したいです。
(もし連載が実現するとしたらですが…)
[ 2014/01/08 22:24 ] [ 編集 ]
連載になると設定も変わってくるんでしょうけどね
[ 2014/01/04 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第174夜、第175夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は1月10日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ