カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .横田卓馬 » .横田卓馬 ジャンプ(集英社) » 夏と神輿と巨大怪獣 第2話(by横田卓馬先生&やしろ学先生)の簡単な紹介と感想

夏と神輿と巨大怪獣 第2話(by横田卓馬先生&やしろ学先生)の簡単な紹介と感想

つい先程ジャンプLIVEで第2話が配信されていました。

第3話が1月3日(金)配信予定となっていましたので、
最終話の第4話は1月10日(金)に配信されるのかな?


これまでの簡単なあらすじ


 夏の終わりの祭りの巨大ロボ的な神輿と巨大怪獣の戦いで、町が栄えていたのも今はもう昔の話。10年前に神輿が怪獣に負けて、それ以来怪獣が来なくなり、神輿は壊れた状態のまま。人が一人また一人と去って行き、町はかつての活気を失いつつあった。かつて巨大神輿に憧れた少年達も、今は祭りに参加する側の立場になるも、あきらめモードで、惰性で参加しているようなものだった。しかし東京からやってきた一人の少女の神輿にかける情熱が、やがて周りを巻き込んでいき…


 原作の横田卓馬先生は思春期の少年少女の青春モノに定評のある方ですが、この夏と神輿と…略して「夏みこ」の登場人物達も青春しまくりです。最初は高校生5人だけで本当にできるのかと思っていましたが、彼らの情熱が周りを巻き込んでいき、みるみるうちにたくさんの人達が集まってきて、ついには頑なな大人達も動かして…という青春モノの王道を地で行く展開は文句なく面白いし盛り上がるんですよね。

 バイクの二人乗りのシーンなんかまさに青春しているって感じでしたね。アキトもすっかり橘さんに感化されてその気になっちゃっていますし。

 このマンガの魅力や面白さについては、主にツイッター等で他の皆様方が語られていますので、このブログではヒロインの橘さんの魅力とその他気になる点について考えていきたいと重います。


こいつの装甲一枚一枚に広告つけたらどうなると思う?


 うーん、広告はどうなんだろう?たしかに広告収入は入ってくるとは思うけど。橘さんの企画の内容がわからないので何とも言えませんが、巨大ロボ的な神輿は現実離れしているところがいいのに、広告なんて目に入ってきたら一気に現実に引き戻されて興ざめしちゃう恐れも。いやでも橘さんの企画とその広告が見事にマッチしていて、より盛り上がるという展開も十分ありえるし…


…確かに魔性だな ああ… なかなか出来ることじゃねーよあれは天然ッ


 前回も思ったけど、これが本当に高校生男子のリアクション?いやだって同級生の女の子…たしかにちょっと変わってるかもしれないけど、可愛いしおっぱい大きいし、そんな橘さんの制服姿が濡れ透けだよ!?もうちょっとドギマギしたりいやっふぅぉおおおってなっても良さそうなものだけど、特にアキトなんか呆れた様子だし…


ううっ…ずるい……!!私も…私も生で見たい!!(20ページ3コマ目)
えぇえー!?いいなーそっちにぎやかで楽しそう!!ず…ずるいっ(27ページ2コマ目)


 でも正直橘さんは濡れ透けよりも、上記のシーンでずるいと悔しがっている方が、全然エロいシーンではないのにも関わらず表情とかおっぱいとか制服姿とかがエロっぽくて、自分的にはドギマギしまくりでした。
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第358夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第155夜 来週は休載 次回は8月2日更新 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.356

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月19日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ