カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第17夜①(前編)(平成25年12月18日更新分)の簡易感想

マギ シンドバッドの冒険 第17夜①(前編)(平成25年12月18日更新分)の簡易感想

今週はサンデー本誌は合併号休みでしたが、
裏サンデーのシンドバッドの冒険は更新が行われ、
最新話の第17夜①(前編)が公開となりました。

その代わり、来週と再来週がお休みになって、
次回更新は年明けの1月8日(水)とのことです。

それと最新単行本第2巻が1月17日(金)頃に発売となることも、
合わせて発表されていました。
本編20巻ガイドブック(キャラクター図鑑)も同じ日に発売されるみたいです)


これまでの簡単なあらすじ


 シンドバッドは少年暗殺者時代のジャーファルさんの襲撃を受けるも、手に入れたばかりの金属器の力でこれに応戦し、返り討ちにするのだった。そして捕まえたジャーファルさんから色々聞き出そうとするも、そうこうしている内に、ジャーファルさんの仲間が駆けつけきて、ジャーファルさんにも逃げられてしまう。まあその件はとりあえず置いといて、あいかわらずヒナホホは何か思い悩んでいる様子で…


今回はジャーファルさんの出番はありませんでした


 でもきっと近い内にまたシンドバッドの前に現れてくれるはず。

 次回はシンドバッドがヒナホホを追ってイムチャックの迷宮に~という展開になるようですが、ジャーファルさんもシンドバッドを追って迷宮に~という展開になれば面白くなりそうですよね。


あっという間にイムチャックの村に溶けこんできたシンドバッド…今ではヒナホホよりも人気者に!?


 まあそれはヒナホホの言うように、それだけシンドバッド(の実力)が周囲から認められているからなのですが、見知らぬ異国の地でもすぐに溶けこむことができる、初対面の人間とも打ち解けて仲良くすることができる、物怖じせずに自分らしくあることができる、シンドバッドのコミュ(適応)力の高さには驚かされるばかりです。


なれるのか?「迷宮」の力というのを手にすれば……俺にもなれるんだな……?


 ヒナホホは自分(の強さ)に自信が持てなくて、自分が周りに認められたのも自分ではなくシンドバッドの力だとずっと思っていて、すぐ間近で自分にはないシンドバッドの強さをまざまざと見せつけられて、それで自分もシンドバッドみたいに強くなりたいと焦った結果、一人で迷宮へと行ってしまったわけです。

 でもヒナホホはシンドバッドがあんなこと(俺は自分のやりたい事をやっただけ、それが正しいか悪いかなんて関係ない、その結果が現在なら、受け入れるだけだ。)を言えるほど強いのは「迷宮」の力を手に入れたからだと思っていましたが、シンドバッドの強さ(考え方)は彼のこれまで生きてきた人生から培われたもので、「迷宮」の力に有る無しは関係ないということをまるでわかっていないのですよ。それに気付けない限りはいつまで経ってもヒナホホは強くなれない(変われない)ような気が…

 また「迷宮」でもアバレイッカクの時と同じようにシンドバッドに助けられてしまうのか、それとも一皮向けて強くなることができるのか、少年暗殺者ジャーファルさんの出番はあるのか、次回の展開がすごく気になります。


イムチャックの戦士は強いんだ。あ、兄ぃだって…


 ピピリカたんのこの表情が…ピピリカたんは一緒に迷宮には来ないのでしょうか?
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ