カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » Key » リトルバスターズ!〜Refrain〜第10話「そして俺は繰り返す」の感想

リトルバスターズ!〜Refrain〜第10話「そして俺は繰り返す」の感想

2013/12/07 21:29 | Key | コメント(0)

今回ついに恭介の口からこの世界の謎が明らかになったわけですが…

っていうか、時間を遡ってこの世界を作り出したって、
いくらなんでも恭介すごすぎだろ一体何者なんだよ…
でも待てよ、そうなると姉御が作り出したループ世界と、
恭介が作り出したこのループ世界の関係はどうなっていたんだろう?

それにしてもリトルバスターズのメンバーに心残りがある者達を選んだって、
まさか理樹が誰を勧誘するのかも、全部恭介に仕組まれていたことだったとは…
全然わかりませんでした自然な成り行きだとばかり思っていましたよ。
(てっきり理樹ハーレム…理樹に少なからず好意を持つ女の子達だったからなのだと)

恭介がこの世界を作った理由については、
前回までのお話でほとんどわかっていたのですが、
今回の恭介の話ではっきりと確定しましたね。

今のままの弱い理樹と鈴ではこの先待ち構えている困難にはとても立ち向かえない
だから二人を強く成長させるために、恭介はこの世界を作り、二人に試練を与えた。

今回、断片的にしか描かれていませんでしたが、
どうやら修学旅行のバス移動中に事故に巻き込まれた…のかな?
かなりひどい状況になっているようですが、
理樹と鈴だけは無事で、二人だけで何とかこの状況を打破しなければいけないということ?

これまでは恭介は理樹を冷たく突き放して酷いやつだなと思っていましたが、
今回の話で恭介の本心がわかって、恭介に対する印象も変わりました。
理樹と鈴がどんなに辛い思いをしていても見ているだけしかできなかった、
いやそれどころか時には(本心とは真逆に)冷たく突き放さなければいけなかったのですから…

っていうか、理樹は鈴以外のヒロイン達とのやり取りも全部恭介に見られていたとは…
これで理樹が鈴以外のヒロインと結ばれていたらどうなっていたんだろう?
姉御ルートで断片的に描かれていましたが、決して結ばれないようになっていたとしたら、
姉御(や他のヒロイン達)が可哀想な気も。
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第168夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は11月22日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ