カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ TVアニメ2期 » マギ TVアニメ2期 第8夜(第8話)「特訓の日々」の簡易感想

マギ TVアニメ2期 第8夜(第8話)「特訓の日々」の簡易感想

2013/11/24 19:18 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

今回は冒頭でヤムさんの(アラジンの回想シーンではない)出番がありました。

いつも同じことばかり書いて申し訳ないのですが、
ヤムさん年上可愛ええ…ヤムさんのおっぱい…すごく癒やされます…
堀江由衣さんの声がヤムさんのイメージにぴったりでいいんですよね…

今回のお話の内容は一言で言えば「魔法学園モノ」でした。
最初は本当にダメダメだった落ちこぼれの主人公が、鬼教官のしごきに必死についていって、挫けそうな時にはマイヤーズ教官のおっぱいを支えにして、クラスメイト達と一緒に頑張って成長していくという、ある意味お約束といえばお約束の少年漫画王道の展開でしたが、だからこそ最後にアラジンが成長した姿を見せた時には思わずグッときてしまったのですよ…

OPの直後に登場した、黒猫を連れた魔法使いのお姉さんがちょっといいなあと思いました。
(お姉さんが乗っていた杖になりたい…)

いつもアラジンと一緒に頑張っていた、おさげっ娘の才凛が私のツボ…モロ好みのタイプでした。
(もし私がアラジンだったら、マイヤーズ教官のおっぱいなんかよりもよっぽど才凛の存在の方が支えになったような)

それにしてもTVアニメで改めて見ると、マイヤーズ教官はすごい格好をしているなあ。
(あれは軍人というよりもむしろどこぞの夜のお店の女王様的な感じの…)
パルテビア出身ということは、シンドバッドとも顔見知りだったりするんですかね?

スフィントスの第一印象は魔法使いの家系に生まれたエリートで、
落ちこぼれのアラジンのことなど歯牙にもかけない…ように見えて、
実は自分の話を聞いて欲しいかまってちゃんなのには笑いました。
それにしてもあの蛇はただのペットなのかそれとも使い魔的なアレなのか…

来週は舞台がレーム帝国に移って、アリババのお話になるようですが…
今週のアラジンよりもキツく苦しい状況になりそうですね…
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

第8話 特訓の日々
こんばんは。今日も例によってドキドキのプリキュアの41話をみていたのですが。フリ

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ