カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 若木民喜 » 神のみぞ知るセカイ » 神のみぞ知るセカイ FLAG250「A SETTLEMENT2」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG250「A SETTLEMENT2」の感想

2013/11/19 20:45 | 若木民喜 神のみぞ知るセカイ | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ


 お兄ちゃんと…さよならしにきたんだよ。いきなり別れを切り出してきたドクロウの真意とは一体…


今週のエルシィ


 って、ちょ、エルシィってば桂木家に馴染みすぎワロタwこの時代では麻里さんとは初対面で、桂木家にはじめてお邪魔したというのに、もうすっかり自分の家も同然だしwこんなに楽しんじゃっていて自分の本来の仕事の事を忘れていないかどうかが不安…


今週のドクロウ


 って、ちょ、まさか二階堂先生がドクロウだったの?今回まで全くこれっぽっちも可能性にも思い当たらなかったけど、見た目とかずっとそばで守ってくれていた年上の女性とか、考えれば考えるほど二階堂先生以外にはあり得ないような気がしてきました。しかしドクロウと二階堂先生だとあまりにもキャラが違いすぎるけど、どうやったらこのドクロウがあの二階堂先生になるんだろう…

 それにしてもドクロウがずっと一人でこんなにも辛く苦しい戦いを続けてきたなんて…しかもドクロウの昔の話と戦う理由まで聞かされてしまったらもう…私の中でドクロウという女の子に対する見方が変わったような気がします。いつも桂馬をお兄ちゃんと呼んで慕っていたことからも、ドクロウは見た目は桂馬より年上だけど中身は幼いと思っていましたが、そんなこと全然なくて桂馬よりもはるかに色んなことを経験してきている人生経験豊富な年上の女の人じゃありませんか…


桂馬の最後の仕事とは


 三つの内の二つがドクロウや天理と会うことならば、最後の一つは歩美や天理達の中に女神を入れること…なのでしょうか?


★トラックバック送信先

たくのみブログ 様
ゲーム漬け 様
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

神のみぞ知るセカイ FLAG250「A SETTLEMENT2」
「お兄ちゃんと…」、「さよならしにきたんだよ。」とドクロウ。 桂馬としてはまだ何もしていないドクロウが何の為に出てきたのか疑問な状況ですが、留守をエルシィに任せ、ドク ...
[2013/11/26 19:59] ゲーム漬け
神のみぞ知るセカイ FLAG250「A SETTLEMENT2」の感想
ドクロウの心の中をのぞく桂馬 そこは清浄だった、 毒素に汚染される前の 平原が広がっていた。 「ここが地獄。わたしのふるさと」 かつては平和な、豊穣の地だった世界が 戦争(アルマゲマキナ)でだれも住めない 文字通りの地獄になり、 戦いが数百年にわたると、 「未来に生まれてくる子供の魂まで使って…」 「地獄は未来すら失った」 後悔にさいなまれる 「英雄」ドクロウ。 ...
[2013/11/20 19:56] たくのみブログ

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ