カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第10夜の感想

マギ シンドバッドの冒険 第10夜の感想

そんなわけで、本日から裏サンデーでシンドバッドの冒険の連載が再開となりました。
なお、裏サンデーでの連載は隔週…2週間に1度の連載となるようですね。


これまでの簡単なあらすじ


 えっと、随分久しぶりの連載なので、お話がどこまで進んでたっけ?たしか迷宮に突入して、シンドバッドとドラコーンの二人だけが生き残って、二人で協力して迷宮を攻略していくことになったんだっけ?そして二人は立ちふさがる敵を倒しながら、迷宮の奥深くへと突き進んでいくわけですが…


二人共口ではああ言いながらも、敵との戦いでは息の合ったところを見せていましたよね


 それにドラコーンも一緒に戦う内にシンドバッドのことを認めつつあるようですし、敵を倒した後に「にっ」「フッ」と笑みを交わすようにさえなっていましたし、この二人意外といいコンビなのかもしれませんね。それにしてもドラコーンってば、もうすっかりドラコーンという呼び方を受け入れちゃっているのね、そういえばドラコーンの本当の名前なんだったっけ…


ついに迷宮の最深部へとたどり着いた二人の前にジン・バアルが登場


 そんでもって、どっちがジンの主となるかで、シンドバッドとドラコーンが戦うことになったわけです。成り行きからここに来るまでは共闘していましたが、ドラコーンは国のため、シンドバッドは世界を変えるため、お互いに譲れない目的があるだけに、こうなることは必然だったのかもしれませんね。

 それにしてもバアルはこれまで登場したどのジンよりもゴツいし強そうだし何より迫力が違います。

 そしてジンの主の座を賭けた戦いでは、見事シンドバッドが勝利を収めたわけですが、これでバアルの主はシンドバッドに確定したのかな?この後、シンドバッドとドラコーンがパルテビアに戻ったら、どのような扱いを受けるのかが気になります。
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ