カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 黒子のバスケ » 黒子のバスケ 第223Q(223話)「……最低です」の簡易感想

黒子のバスケ 第223Q(223話)「……最低です」の簡易感想

2013/07/28 13:43 | ジャンプ(SQ.) 黒子のバスケ | コメント(2)

ジャンプLIVE(8月配信開始予定のアプリ)で国民投票なるものが開催されることが発表になりました。

・黒子のバスケの全キャラクターから2名を選んで投票
・選ばれた2名を藤巻先生本人がペアイラストとして描き下ろし
・描き下ろしイラストのテーマは「海」!!

つ、つ、つまりこれは公式カップリング投票ということですか!?
しかもテーマが「海」ということは水着姿の可能性があるわけですよ。
これは黒子ファン的には盛り上がらないわけがないのですよ。

個人的には「黒子×さつき」押しですが、残念ながらさつきは人気無いと思われるので、
無難に「黒子×青峰」や「赤司様×黒子」あたりにしようかなとも迷っています。

ジャンプLIVEはアプリ自体は無料のようですが、投票も無料でできるといいなあ。

あと、TVアニメ2期の放送局も発表になりましたね。
BS11でも見られるのは嬉しいのですが、問題は放送日時…あまり最速から遅れないで欲しいですね。


これまでの簡単なあらすじ


 赤司様と監督の方針により、キセキの世代は「試合に勝ちさえすれば練習には出てこなくてもいい」ということになってしまった。みんながそれぞれ好き勝手にしはじめ、それまであったチームの連帯感みたいなものもなくなり、帝光中バスケ部はチームとして崩壊していく。そんな中、黒子は赤司から「自分は二人いる」という衝撃の告白を聞いてしまう。紫原との1対1以来、人が変わってしまったかのような赤司に黒子は…


今週の桃井さつきマネージャー


「テツ君!今日始業式だけで練習休みでしょ?いっしょに帰ろ?」

 それにしても、下の名前で呼ぶだけではなく、二人きりでいっしょに帰る仲にまでなっていたとは(しかも校内で堂々と誘ってるし)、さつきの恋愛方面での積極性にはただただ驚かされるばかりです。それに対して黒子も断らないということはまんざらでもないのかそれともただ単に断る理由がないだけなのか。いずれにしてもさつきのような可愛い女の子(しかもいい子だし)とこんな青春送れるなんて黒子がうらやましすぎです…

「…うん最近はもう(青峰君と)一緒にいるときはほとんどないかも…」
「青峰君だけじゃなくて他のみんなとも部活の連絡事項を伝える時以外全然話さないし…」
「チームは相変わらず強くて負けなしだけど なんかちょっと…さびしいね」

 みんな自分のことばかりで、さつきに気を遣わせ過ぎで、少しはさつきのことも考えてあげて欲しいです。「なんかちょっとさびしいね」と言ったさつきの表情が本当にさびしげで、青峰も黒子もさつきにこんな表情させるなよと言ってやりたいですね。そして極めつけはさつきに前に私が言ったこと覚えてると聞かれた時の黒子のこの返事…

「…すみません ちょっと覚えてないです」
「本当にすみません なんだったでしょう?」

 たしか前にさつきは「みんなずっと一緒だよね みんなバスケットが大好きでこれからもずっと仲良く一緒にやっていけるよね」と言っていたと思います。でも黒子は覚えてないと言ってしまった、今の自分には約束はとても守れそうにないからそう言わざるを得なかったのでしょうね。泣き崩れるさつきを見るのも、ウソをついて女の子を泣かせましたと言う黒子を見るのも、とてもとても辛いです…


もし辞めたいのならば止めはしない あとはお前しだいだ 続けたいのならば受け入れろ この先も帝光の6人目であり続けたいのなら


 つまり赤司様は勝つことが全てであって、それは個人の感情やチームワークなんかよりも優先すべきものであって、そのことについて不満を言うのはお前に覚悟が足りないからだ、もしバスケ部に居続けたいのならば覚悟を決めて受け入れろと、こうおっしゃっているんですよね。それにしても赤司様はすっかりお変わりになられましたよね、私にはもう赤司様が何をおっしゃっているのかよくわからないのですよ…


黄瀬までもが練習に出て来なくなり?ますますチームは崩壊していくけど、試合の時は個々の力を最大限に発揮する無類の強さで勝ち続けていき…


 一応、まだ黒子も6人目として試合に出させてもらっているようで安心しましたが、もう今のチームは黒子のパスなんて必要としないんじゃ…とも思えてしまうのですよ。あと黒子の表情から生気が失われていき、目が死んでいくのを見るのはとても辛かったです。キセキの世代の面々も全然楽しそうに見えませんでしたしね…


荻原君からの電話、そして…中学時代の火神とのニアミスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


 去年の全中の時は荻原君からの電話で黒子は立ち直ったわけですが、今回はもう荻原君から電話をもらっても何も言えないしどうしようもできない状態でしたね。そしてまさかの中学時代の火神とのニアミス…火神の目も死んでいましたし、黒バスの登場人物達の中学時代は彼らにとってどんだけトラウマだったのでしょうか。さらに全中で荻原君がバスケを二度としたくなくなるほどのトラウマを植え付けられてしまうのか…
広告

関連記事
黒子は誰が相手であろうとも、
基本的には同じように接していますよね。

異性を意識する黒子というのも見てみたいのですが、
高校編で登場している女性陣だとちょっとムリかも…
[ 2013/08/04 08:42 ] [ 編集 ]
黒子は基本他者にはそうとはいえ
さつきの事は「桃井さん」呼びのままですね

黄瀬も冷めていっていますが
高校に進学してからの黒子への態度からして
青峰程の変化ではないんですよね

日本のバスケのレベルの低さに失望していた
火神がこの頃にキセキの世代の実力を
目の当たりにしていたらどうなっていたのか

それと藤巻先生が黒バスネタをやった
銀魂の空知先生に感謝のコメントしてましたね
[ 2013/07/28 14:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ