カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第9夜「船乗りシンドバッド」の感想

マギ シンドバッドの冒険 第9夜「船乗りシンドバッド」の感想

・9月に単行本第1巻発売
・週刊少年サンデーでの連載は今回(第1巻収録分?)まで
・裏サンデー(WEB)に移籍、単行本発売に合わせて隔週連載開始の予定


 とりあえず単行本が発売されるというのは嬉しいニュースです。でも裏サンデーに移籍するのはなんで?マギ本編との兼ね合いもあり~って、別の人が漫画描いているけど、何か問題があるの!?そんなに担当の石橋氏は自分が企画した裏サンデーをプッシュしたいの!?ただまあ大高忍先生が直接描いていないにしろ企画監修等で関わっているのなら、本編と外伝を掛け持ちというのは色々と厳しいだろうから仕方ないのかなとも…


これまでの簡単なあらすじ


 シンドバッドが迷宮の中で見たのは、見たことのない地形に不思議な生物に湿った生暖かい空気と、どれもこれもはじめて見るものばかり…思わず胸が高鳴るようなそんな光景だった。今まさにシンドバッドは冒険をしている、そうかつてダライアスから聞いた物語を思い起こさせるような。そこでシンドバッドは、部下を失い自らもまたやられそうになっていたドラグルことドラコーンを助けて、二人で迷宮攻略に挑むことに…


現状把握その① ドラコーン率いる100名の兵士たちは、迷宮のスタート地点に到着すると半数に減っていて、残りの兵士達も子竜の攻撃で全滅してしまった。それとシンドバッドとドラコーン達の入場時にタイムラグがあったのも、迷宮の謎の力によるものらしい
現状把握その② この部屋唯一の「扉」を、子竜達の親玉?王?の巨大な竜が守っている立ちふさがっているということ


 つまり現状ではこの場にいる生き残った人間…もうシンドバッドとドラコーンの二人だけしかいないのですが、二人でこの迷宮を攻略しなければいけないわけです。そんで二人で力を合わせようとするシンドバッドに対して、ドラコーンはというとこの状況になっても誰か(=シンドバッド)を囮にして切り捨てるとか得意げに言っているのには苦笑せざるを得ませんでした。お前さっきそれで部下を皆失ったあげくに自分もやられそうになっていただろうと。


「非国民」ごときが、私の直属の部下になるのだぞ。光栄に思え。ふんっ。やはり貴様は、重罪の「非国民」だな。貴様なんぞ下民には頼らん!私ひとりでやる。


 この状況でもなお軍国主義的な考え方に疑問一つ抱かずにこんなこと言っちゃうところが、滑稽に見えるだけならまだいいのですが、今の状況に対して明らかにおかしな言動…洗脳された軍国主義的な考え方の恐ろしさを感じずにはいられませんでした。それでも一人でも立ちふさがる竜達の間を切り抜けていき、ついには扉の前までたどりついたのは、さすがだと思いましたが…


……勝った!私はひとりでこの試練に勝ったのだ…さぁ開け!「扉よ」!!
「扉」が開かない…だと!?…………う、嘘だ…嘘だ嘘だ!!私は使命を必ず果たすと誓ったのだぞ!!


 とても勝ったとは思えないそんな表情でしたね。そして挙げ句の果てにニセの扉に騙されて絶体絶命の窮地に。ドラコーンの回想シーンで出てきた幼なじみお姫様のセレンディーネ様の気高さ美しさに惚れてしまいそうでした。そして使命も果たせないまま死んでしまうのかという時になって、「嫌だ私はまだ死にたくない」と、ドラコーンはようやく自分の気持ちに素直になることができたんですね…


国っていうのは、民がいてこそ存在するんだ。民を見捨てる国なんて…必要ないんだよ!!


 なんとなくここ最近作画が怪しくなってきたように思っていたのですが、この「力ある者が~」のシンドバッドの作画はかなりヤバかったです。うーんこれだと裏サンデー行きにされても仕方ないかなと思わずにはいられないのですよ。

 シンドバッドはここにいる他の者達(ドラコーンや巨大竜)に対して、人としての器、王としての器、まさに器の違いを見せつけたといった感じでしたね。まさにそれは王になるべくして生まれてきた者の言葉でした。それにしても間欠泉のタイミングを見計らって巨大竜を倒すとか、シンドバッドの波を読む能力はすごすぎるとしか言いようがありません。金属器がなくてもこの強さ…金属器を手に入れたら一体どうなるんだろう…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ