カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 若木民喜 » 神のみぞ知るセカイ » 神のみぞ知るセカイ FLAG232「The Present Time "Shiori" and "Tsukiyo" 」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG232「The Present Time "Shiori" and "Tsukiyo" 」の感想

2013/06/25 20:15 | 若木民喜 神のみぞ知るセカイ | コメント(0)

 今週号のサンデーには、女神篇が始まるにあたってのおさらい、TVアニメ1期&2期&OVAが一挙収録されたブルーレイボックスが8月28日に発売決定、などの最新情報が掲載されていました。歩美とベッドインのあのシーンもTVアニメで再現されるとのことで、ファンとしては期待が高まるばかりですね。でもいまだにAT-Xとニコ動の放送予定が発表されないのには少し不信感を募らせてしまうのですよ…


今回のお話の簡単なあらすじ


 今回はサブタイトルからもわかるように、また舞台が現代に戻ってきて、女神持ちの女の子達…栞と月夜にスポットが当てられたお話となっています。過去に飛んだ高校生桂馬と入れ替わりに、現代の桂馬は体は高校生なのに心は小学生となってしまっていた。そこで女神持ちの女の子達が代わる代わるに桂馬の面倒を見ることに。今回は栞と月夜の番のようですが…


それにしても、まんが本にでぃーぶいでぃーなんて付いているとは…本だけでいいのに!!まるで図書館に視聴覚ブースがついているようなものね…


 まさか作中で自然に?最新単行本の宣伝をしてくるとは、若木先生もなかなかやりますね。それにしても栞は漫画も読むんですね、俺も栞と好きな漫画の話を色々してみたいです。そういえば今、桂馬は結の家にいるんでしたっけ?そんでもって栞は結の家の前で桂馬を待っているところ?


あれだけ人の心をかき乱しておいて…またも!!またしても!!1週間も姿すら見せない!!ご冗談でしょう!!もはやその名を口にするのもおぞましい!!


 またもや桂馬に放置プレイされて、激おこプンプン丸な栞。ミネルヴァから事情は一切聞かされていないようですね。なんだかんだ言いながらも桂馬のことが気になってしまう、桂馬のことになるとムキになってしまう、そんな栞が可愛くて仕方ありません。栞は自分と同じように、結の家の前に立っている小さな女の子のことが、さっきから気になっているようですが…


ここにいたら……桂馬がやってくるの…?桂馬にあったら……ききたいこと沢山あるのですね…


 どうやら月夜もまた栞と同じように、女神に背中を押されてやってきたようですね。それにしても月夜はあいかわらずお人形のようだなあ。とても栞と同じ女子高生とは思えない、ちっちゃくて愛くるしい姿、ずきん?フード?が似合いすぎ可愛すぎて思わず抱きしめたくなります。どうして私がと顔を赤くして照れた月夜もまた可愛かったですしね。


あの娘、さっきからずっと立っているのですね…誰だろう……


 栞も月夜もお互いのことがすごく気になってるwここで栞も月夜もまだ自分の女神に事情知らされていないことが明らかになりましたが、桂馬が他の女の子達も攻略していたことを知ったら、どんな反応をするのかちょっと怖いです。でもたしかに栞と月夜は似た者同士ですよね、どちらも本と天体観測という自分の世界に入り込んでしまうタイプの女の子ですから。そんな二人が相手の興味を引こうとアピールしているのに、お互い気付かないところが、また可愛くてニヤニヤしてしまいました。


栞「か…桂木くん!?」 月夜「桂馬!?」


 そんな二人でしたが、桂馬のおかげ?で、ようやく話をすることができました。これはもう桂馬そっちのけで、栞と月夜で話を進めてもいいんじゃないかな?それにしても倒れている桂馬に声をかけた時の栞は、ついさっきまであれだけ桂馬に悪態をついていたのと同一人物とは思えないほどに、桂馬のことを心から心配していましたよね。これは栞が自分の気持ちに素直になった時の破壊力が底知れないというものです…


★トラックバック送信先

ゲーム漬け 様
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

神のみぞ知るセカイ FLAG232「「The Present Time "Shiori" and "Tsukiyo" 」
舞台は再び現代に戻り、7歳の桂馬を巡る、女神の宿主達の話。 今回は、五位堂家の前に佇む不審者2人、もとい、栞と月夜にスポットが当たります。 寒さに震え、もっと着込んで来る ...
[2013/06/27 21:55] ゲーム漬け

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ