カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第8夜「迷宮組曲(ダンジョンくみきょく)」の感想

マギ シンドバッドの冒険 第8夜「迷宮組曲(ダンジョンくみきょく)」の感想

今週号のサンデーの巻末コメント、
大高先生と大寺先生が見事にシンクロしていましたね。


これまでの簡単なあらすじ


 シンドバッドはユナンの導きにより、世界を変える王の力を手に入れるため、迷宮に挑むことに…


ユナンはシンドバッドに王の力の事を教えて、迷宮まで導きはしたものの、シンドバッドを王には選んでいない?


 てっきりアラジンのように自ら選んだ王と共に迷宮に挑むものかと思いきや違いましたね。そもそもこの迷宮はユナンが出現させた可能性が高いし、自分が出現させた迷宮に自分が挑むのも変かもしれませんが。それ以前にユナンがシンドバッドを王に選んだのかどうかさえもわかりません。それと話は変わりますが、今回のユナンの首がやけに長かったような気が。


シンドバッドが先に乗り込み、ドラグルと他の兵士達も、迷宮に入っていくが…


 それにしてもやけにあっさりドラグル自慢の部下達が全滅してしまいましたよね。これで残るはドラグルとシンドバッドだけになってしまいました。前回までのドラグルはあんなに強気で自身に満ち溢れて大人びていたのに、情けない真っ青な顔で震えていたり、シンドバッドとは子どものように張り合ったりケンカしたり、そんな歳相応の少年らしいところが可愛いなと思いました。


よ~く覚えておけ!!由緒ある私の名前を… パルテビア将軍ドラグル家の末子。ドラグリエル・ヘンリウス・ノドミス・ペルテゴミドゥス将軍の息子。西方辺境部隊小隊長ドラグル・ノル・ヘンリウス・ゴビアス・メヌディアス・パルテヌボノミアス・ドゥミド・オウス・コルタノーン様だぞ。


 今回はじめて明らかになったドラグルの名前…フルネームが長すぎて、しかもドラグルがそれを誇らしげにペラペラ話しているのには、思わず笑ってしまいました。


うん、長い。ドラコーンに省略な。


 いきなり初対面の相手に対して長すぎるフルネームを言うドラグルもドラグルだけど、勝手に人の名前を省略して読んでしまうシンドバッドもシンドバッドだなと思いました。しかもドラコーンなんていう愉快なアダ名をつけたりして、せっかくのドラグルというカッコいい名前が台無しだしwそれにしてもドラコーン…どこかで聞いたような…


どうやら、遊んでる場合じゃなさそうだな! 巨大な竜が2人を襲う!!


 この場面をシンドバッドとドラグル…ドラコーンが力を合わせてどう乗り切るかが見どころになりそうですね。とても普通の人間が勝てる相手には見えそうにありませんが…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ