カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第184夜(第184話)「ティトスとマルガ」の感想

マギ 第184夜(第184話)「ティトスとマルガ」の感想

アニメ続編情報については、依然として「2013年秋公開」としか。

そういえば、先週の大高忍先生のWEBサンデーバックステージにて、
アラジンがアリババと微妙に距離を取る理由が明らかにされていましたね。
せっかく全身魔装できるようになったのに、アリババがちょっと可哀想でしたw


これまでの簡単なあらすじ


 モガメットの黒いジンが、マグノシュタットを侵攻する(しようとしていた)非魔導士達を殺すべく、彼らに襲いかかる。練紅覇率いる煌帝国軍は全滅しかねない状況だったが、ついに全身魔装をできるようになったアリババ…はほとんど役に立たず、練紅炎の眷属達が黒いジンと渡り合っていた。そしてレーム側では仲間達を撤退させるためにシェヘラ様とファナリス兵団が必死に黒いジンを食い止めていた。そんな中、ティトスは未だに自分が何をすべきか決められずにいた…


「くっ!」と黒いジンの攻撃を結界?で受け止めるシェヘラ様がロリ可愛かったです


 どうやらレームの戦法はシェヘラ様が結界を張って黒いジンを食い止め、結界を破って入ってこようとする黒いジンをファナリス兵団が迎え撃つ(入ってきた部分をぶっ千切る)…というもののようです。しかもこちらにはアリババもアラジンも練紅炎と眷属達もいないから(唯一の金属器使いのムー団長は本来なら戦える状態ではない)、より厳しい戦いを強いられています。このままでは仲間の船が撤退し終える前に、シェヘラ様やファナリス兵団が持ち堪えられない可能性も…


ティトスは何をやっているのだ!!あいつには…シェヘラザード様から与えられた最後の力がまだ残っているはずなのだ!!そんな力が…そんな力が…今もし、僕にあったらなぁ!


 このミュロンの己の無力さが悔しくてたまらないといった表情がたまりませんでした。それにしてもティトスがシェヘラザード様から与えられた「最後の力」って、一体どれほどの力なのでしょうか?ミュロンやティトスの口ぶりからするに、この戦局を変える(終わらせる)ことができるほどの、凄まじい力なのかもしれません。しかしその肝心のティトスが、自分にとって一番守りたいものを選べず、何もできずにいたんですね…


このまま何もできずに終わることが怖いんだ でも、ボクの「最後の力」は一度使ったら終わりだから、みんなの場所へは行けないんだ。


 シェヘラ様から本体の寿命がもうすぐ尽きるという話を聞かされ、ティトスの少しでも長く生きて大切な人達と~という希望は断たれてしまったわけです。今のティトスは残された僅かな時間をどう過ごすか決断を迫られているのですが、死ぬのが怖いから何もできずにいる、でも何もできずに終わることが怖い、という状態なんですね。いっそこのまま最期の刻までここから動かずマルガと一緒にいるという選択肢もありますが、ティトスはその優しさ故に苦しむことになるのは明白ですしね…


一緒に行こう!私がついていくよ。今度は私が、力になりたいの!!やりたいことをあきらめてすごしていたら…死んでいるのと同じこと。そうじゃないなら短くても、すてきなこと!ティトスお兄ちゃんがそう教えてくれた気がしたの。だから行かせて!ティトスお兄ちゃんが本当にやりたいことができる場所へ!


 「何気ない日常の景色がキラキラ輝いて見えるの!」
 ああそうだ今のマルガは少し前のティトス(はじめてマグノシュタットの街に出てはじめて人々の生活に触れた)と同じこと言ってる(感じてる)んだ。あの少女がこんなにも生き生きとした笑顔で話すようになったんだ。それもこれも全てはティトスがマルガを五等許可区から救い出したからで、ティトスがマルガに生きる実感を喜びを与えたも同然なんですね。

 そして今度はティトスがマルガに気付かされた、教えられたわけです。「やりたいことをあきらめてすごしていたら死んでいるのと同じこと、そうじゃないなら短くてもすてきなこと」だということを。マルガがティトスの生きる理由を教えてくれた…いや生きる意味そのものだと言っても過言ではないのかもしれませんね。そんでもってティトスはマルガの手を取り、二人で自分のすべきことをすべき場所へと…


あれ、全身魔装のアリババがアラジンと一緒に戦っていて、練紅炎と眷属達の姿がどこにも見えないけど


 前回、黒いジンの相手は練紅炎の眷属達だけでも余裕に見えましたけど、意外と苦戦を強いられているのかもしれませんね。練紅炎と眷属達はたまたま出番がなかっただけなのでしょうけど…


そしてティトスはマルガと共にモガメットの元へと…


 つい何話か前までは、アラジンがモガメットを止めるものだとばかり思っていましたが、ティトスでしたか。はたしてティトスはどのようなやり方でモガメット学長を止めるのか、二人の戦いから目が離せません。
広告

関連記事
お久しぶりです。

バルバッドやシンドリアでも黒ルフ使い…黒いジンとの戦いが行われましたが
今回も同じような決着のつき方となるのかどうかが気になります。

ティトスもモガメット学長もマグノシュタットの人達皆が救われるような結末を期待したいですね…
[ 2013/06/15 22:43 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。

レーム軍って、ムー団長の極大魔法炸裂で、学長殺してあのままマグノシュタット占領してたら、練紅炎とその強力な眷属3人達にあっという間に壊滅させられてたと思います。
アラジンとアリババは元凶が学長であると分かってるのに、学長の所に向かう気配はありません。
幸いティトスが行動してくれたから良かったものの、人類壊滅の大悪手を打つ所だったかも知れません。このままティトスが学長を止めれば、いわゆる「へたれ」→「救世主」へ昇格です。ティトスの最後の力に関しては、マルガ救出の時に深手を負ったティトスが、力を解放すればここを突破して(階層の)全員を救出できると言ってましたね。魔導士を思い、ティトスを助けるためにレームに宣戦布告した学長が、守ろうとしたティトスに足元をすくわれるのは哀れです。出来れば円満解決して欲しいですが、近い未来の学長とティトスには、避けられない死が待ってます。
[ 2013/06/14 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ