カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第3夜「未知の世界」の感想

マギ シンドバッドの冒険 第3夜「未知の世界」の感想

いよいよ5月17日…今週の金曜日頃に最新単行本第17巻が発売されますね。
今回もおそらく収録されるであろう番外編の内容がすごく気になります。


これまでの簡単なあらすじ


 そんなわけで七海の覇王・シンドバッドの半生を描いたスピンオフも第2回(前号は一挙2話掲載だったので第3話)となりました。前回はシンドバッドの生誕、幼少期を描いていたけど、たったの2年でシンドバッド一家を取り巻く環境(彼らがいるパルテビアという国の状況)も随分と変わってしまい、ついこの間までは英雄扱いでもてはやされていたのが今やすっかり非国民に。そんなある日、シンドバッドは井戸のそばで倒れていた、見知らぬ一人の男を見つける。はたしてこの男との出会いがシンドバッドにもたらすものとは…


シンドバッドの母親はエスラ?それともエスナ?


 前回は「エスラ」と紹介されていましたが、今回の前号までのあらすじには「エスナ」と書かれていました。ほとんどの方には些細なことかもしれませんが、私としては重要なことなので、どちらが正しいのかはっきりとさせて欲しいですね。


この村の外には、私のように髪の色も違う…国も文化も異なる多種多様な人たちがたくさんいて、みんな生きているんだよ


 女性も上半身裸でおっぱい丸出しの国が最高すぎて、私もその国に生まれたかったです。しかしマギ世界だとどのあたりだろう、南の暖かい国だと思われるので、シンドリアあたりが近いように思えるのですが…


世界がどれだけ広く、この村がどれだけ狭いのか…この村から出たことのない幼子には、彼の話はまさに夢物語のようであったのである


 これまでは村の外には子どもを食べる怪物がいるから恐ろしくて出ようとは思わなかった。でもダライアスの話す外の世界は、これまでシンドバッドが思っていたのとはまるで違う、まさに夢物語のようなもので、シンドバッドの外の世界に対するイメージが、あっという間に恐怖から好奇心の対象に変わっていったのがわかりました。この時からシンドバッドの外の世界に対する憧れが、冒険したいという気持ちが、一気に強くなっていったんでしょうね。子供らしく目を輝かせる姿が印象的でしたね。


非国民が今さら何を言ってもさ…しょうがないよな…だって非国民の子どもなんだ…見殺しにするのは嫌だよ…けど…非国民なら、仕方ないよなぁ…


 いやでもシンドバッド一家を見捨てた彼らの考えも理解できなくもないのですよ。だってシンドバッド一家(というかバドルだけど)は戦争に非協力的(みんな苦しい生活の中でお国に船を差し出したのに、バドルは船を差し出しもせずに漁をしていた)なのに、こんな時だけ周りに助けを求めるなんて、都合が良すぎるじゃありませんか。もっともつい2年前はバドルの恩賞金の分け前に預っていた奴らが、その恩を忘れて手のひらを返しやがって、とも言えますけどね。


あ…あの…うちの子を助けてください………お願いします…お願いします…誰でもいいんです…誰か……


 シンドバッドを人質に取ったダライアスの要求は、水と食料と船だったわけですが、前回船は壊されてしまったし水や食料だって貧しいシンドバッドの家には余裕があるはずもなく。それなのに周りのみんなはシンドバッド一家が非国民だからといって助けてくれようとはしない。周りのみんなに必死に助けを求める顔、誰にも助けてもらえないとわかった時の絶望した顔、ふるふると涙を流しガク…とうなだれた姿、何も悪くないはずのエスラ(エスナ?)さんが不憫で可哀想で仕方ありませんでした。


バドルが土下座して頼んでいたけど、はたしてシンドバッドは解放してもらえるのか?


 バドルの口ぶりからするに、バドルははじめからダライアスの正体に気付いていて、それでもあえてダライアスを家に匿ったのかもしれませんね。ダライアスが本当はいい人のような気もしますが、レームのスパイという立場上そう簡単に諦めるとも思えません。かといってこの状況でパルテビア兵の追手から逃げられるとも思えませんが。はたしてバドルは息子のシンドバッドを助けられるのか、もうこれ以上エスラさんには辛い想いをさせないで欲しいのですが…
広告

関連記事
エスラさんのつらい顔みたくないけど、シンドバッドの両親だけあって、王たる器に巻き込まれるっていう話が前にあったので、最悪な結末しか想像できないですね。

女性も上半身裸でおっぱい丸出しの国>>シャルルカンの国もそうだけど、肌の色が違うし、ヘソを出してるので、エリオハプト以外にもそういう神な国あるんですね。エリオハプトだけでもみたいけど、シャルルカンの話まで続かなさそうだし、少年誌なので無理そうですね。

私も17巻はペーパーと番外編が面白いので楽しみです。
[ 2013/05/15 18:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第361夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第157夜 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.358 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月9日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ