カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第174夜「マギの力」の感想

マギ 第174夜「マギの力」の感想

久しぶりに大高忍先生の手がきブログに行ってみたら、更新休止のお知らせが…
アニメ関連の仕事が落ち着いて再開することを気長にお待ちしていますね…

今週号のサンデーのマギ情報


・2月25日発売のサンデーS4月号ではジュダル祭り
・単行本連動プレゼント情報、複製原画のイラストも公開
・3DSのゲーム版の情報も、個人的にはこの手のゲームはあまりオススメできませんが…


これまでの簡単なあらすじ


 ついに金属器と眷属器の封印を解いたファナリス達。これまで魔導士達がファナリスに対して優位を保っていたのは、攻撃の届かない空中にて距離を置いて戦えること、防御魔法で敵の攻撃を防げること、その二点だった。だが、ファナリスの金属器と眷属器は遠距離をものともせず、魔導士達の防御魔法を打ち破り、ついには結界をも打ち破る寸前までいってしまう。しかしその時、ファナリス達の前に立ちはだかったのは、マギの力を解放したアラジンだった…

俺は…これ(ルフが非魔導士のファナリスたちにまで見えるほど集まってきてる)と同じのを、あの方が魔法を使う時見せてもらったことがある。!「シェヘラザード様」ですか…


 これまでシェヘラ様が本当にマギなのかどうか確証がなかったのですが、このムー団長のセリフからするに、どうやらシェヘラ様は本物のマギ…なのかな?でもシェヘラ様がアラジンのことを「彼は本物のマギ」と言っていることから、シェヘラ様自身は本物のマギじゃないのかもとも思えてしまうんですよね。


ついにアラジンはマギの力を解放、魔法で三体の巨大ウーゴくんを作り出し、ファナリス達をも寄せ付けない圧倒的な強さを見せつける…!!


 なにしろファナリス達の攻撃はほとんど効かない上に、魔導兵器のレーザーをもはるかに上回る魔法の威力でしたからね。今回はようやく待ちに待ったアラジンマギ無双の回と言っても過言ではありません。しかしアラジンはマグノシュタット側についてファナリスをレームを倒そうとするのではなく、目的は戦争を終わらせることつまりレームをマグノシュタットから撤退させることなのでしょうね…


でもいくら圧倒的な強さを見せつけても、ファナリス兵団やシェヘラザード様がすんなり撤退してくれるとは思えないんだけど…


 1人の命もルフへ還さずこの戦争を終わらせる!って、私もスフィントスと同じ事思ったのですが、アラジンは一体どうするつもりなんでしょうね?ただの力づくだけではレームが撤退するとはとても思えないんですよね。レームが残る二人の金属器使い(それでも今のアラジンより強いことはないと思うけど)を投入して戦争が泥沼化してしまいかねない可能性さえありますしね。


ムー団長はユナンと会ったことがあるようなこと言っていましたが、ムー団長も大峡谷の向こう側へ行こうとして、ユナンと出会ったのかな?


 ユナンはモルさんと出会った時、自分をこの谷の守り人だと言っていましたからね。ムー団長は世界中に散らばっていた同胞のファナリスを集めていたので、そこでファナリスと少なからず関係のあるユナンと出会う可能性もあるのかな。あとユナンといえば、モルさんがどうなったのかがすごく気になります…
広告

関連記事
>ショコラーゼさん
アリババはどこで何しているんでしょうね…
出番が待ち遠しいです。

>アラジン好きさん
アラジンがどうやって戦争を止めようとしているのか気になります。
[ 2013/02/24 00:40 ] [ 編集 ]
ぶれることのないモルジアナ好きに感服しましたw
アリババも一応主人公なのに恐ろしい位に空気ですね・・・
[ 2013/02/23 07:57 ] [ 編集 ]
水曜日は休日です
やっとマギの力の解放です。
最後の方で、学院長、シェヘラザード様、ムーの3人が、「だが、この程度が」と言ってるのが印象を悪くした感じです。普通に、マギ無双でこの回は終わって良い気がしました。
現代の戦争は、通常相手国より軍事力が上回らない限り攻め込みません。マギ1人加わっても、レーム帝国の方が軍事力が上と、上記の3人は考えているのでしょうか。煌帝国との近い将来の戦争を想定してるレーム帝国は、大きな戦力の減少は避けたいはずです。
話の流れで仕方ないですけど、ファナリスの魔力尽きないですね。高威力、攻撃範囲が少ない技なようですが、それをかなりの回数放てるなら、ファナリスの体術を合わせると相当強い眷属器使いです。
ムー、シェへラザード様は、ムーの極大魔法でアラジンに勝てると判断してるのでしょうか。アラジンは戦争開始直後まで学院長の力を止めると奔走してたので、学院長はまだ何か戦力を隠してるのかも知れません。学院長が開発に大いに貢献したはずの闇の金属器が出てこないのも気になりますね。ジンの金属器、眷属器は魔道士には使えないという設定ですが、闇の金属器は魔道士にも使えるのでしょうか。
マギの開放後、優勢になったのに、何故か追い込まれた感が出てきたアラジンです。ここでアリババ登場と行きたいですが、アラジンには考えがあるようです。ソロモンの知恵発動でしょうか。
[ 2013/02/20 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ