カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » .濱田浩輔(パジャマな彼女。) » パジャマな彼女。Vol.26(第26話、最終回)「一番近くで」の感想

パジャマな彼女。Vol.26(第26話、最終回)「一番近くで」の感想

濱田浩輔先生が描くちょっとえっちで不思議なパジャマラブコメ、パジャマな彼女。
それがついに週刊少年ジャンプ40号に掲載された26話で最終回を迎えてしまいました。


パジャカノ単行本情報


おそらくパジャカノ単行本最終巻となる第3巻は10月4日(木)発売予定だそうです。
表紙は誰になるのかな、まくら、雪姫先輩と続いて、やっぱりまたまくらになるかな。


これまでの簡単なあらすじ


 ついに計佑はまくらが好きだという自分の気持ちに気付くことができた。しかしこれまでどおりではいられず、まくらとはぎくしゃくした関係になってしまう。まくらが新潟の方に転校してしまうことを知ってもなおまくらに気持ちを伝えられずにいた。そして見送りさえもできないまま、まくらが新潟の方に行ってしまい、四ヶ月近くが過ぎようとして、前回夏休みだったのがもう冬休み直前に…


すっかり変わってしまった雪姫先輩との関係


 まあなにしろ「俺先輩のこと選べない」とはっきりとフッちゃいましたからね。これまでの友達以上恋人未満のような関係で、居続けられるわけがありませんでした。それにしても学校で会ってもアイサツをせず顔も合わせようとしなくなっているとは、さすがにきつい辛いと思いましたね。もうすっかり赤の他人…いやそれ以上に遠い存在になってしまったような…


表面上は以前と変わらない硝子ちゃんとの関係


 劇的に関係が変化した雪姫先輩とは対照的に、硝子ちゃんとは以前のまま、クラスメイトで同じ天文同好会の仲間で友達といった感じでしたね。これはおそらく雪姫先輩の場合は計佑に好きと言って計佑からの返事を期待してしまったがために失敗したのですが、硝子ちゃんの場合は計佑を好きという気持ちを言わずに胸の内に秘め、いい友達のままでいることを選んだからなのではないかと、私は勝手に推測しています。

 それにしても硝子ちゃんは本当にいい子ですよね、いい子過ぎです。硝子ちゃんは計佑のことが好きなはずなのに、こうして「まくらに会いに行ってみない?」とか計佑のことを考えて気遣ってくれる、こんないい子はなかなかいませんよ。計佑につれない反応をされた時の、硝子ちゃんの複雑そうな表情がなんとも言えませんでした。俺が計佑だったら、まくらのことなんか忘れて硝子ちゃんと付き合っちゃうかもしれませんね…


アリスの友達の二人も天文同好会に入会する事に


 そしてようやく最終回で、アリスの友達の二人の名前が「ネネ」「ミミ」であることが明らかになりました。しかしアリスが大好きだということ以外はあまりよく知らないんですよね彼女達のこと。天文ビデオ見ていた時もおもいっきり寝ていたような気がしましたが、単なるアリスの付き添いなのか、それとも天文にも興味を持ったからなのかが、少し気になります。


そういえばアリスが天文同好会に入会した理由…


 たしかお姉ちゃん…雪姫先輩を苦しめている(=恋で思い悩ませている?)張本人の計佑のことを調べるためでしたよね。そして計佑がそんなに悪いやつではないことを知り、天文にも興味を持ったからこそ天文同好会の一員として活動を続けているわけです。でもたとえ直接話を聞かなくとも、計佑のことを話題にしなくなったり、家での雪姫先輩を見ていると、なんとなく計佑と雪姫先輩の間に何かあったことはわかるはず。それをアリスがどう思ったのかも、少し気になりました。


秋の文化祭での展示の話もすごく興味があります


 私は高校生の頃一時期地学部に所属していて、文化祭での展示もやったことがあるので、なんとなくこういうのわかるんですよね。でも私的には展示よりもコスプレ姿が…特に硝子ちゃんがエロ可愛すぎです。それにしても計佑はまくらが転校していった後も天文同好会の活動を頑張って続けていたんですね、計佑のことを少しだけ見直しました。


まくらがパジャマお化けになったあの晩、植物園に行った理由が明らかに


「自分と計佑の兄妹みたいな関係が限界だということをまくらもわかっていた。だから自分の母親と最後に遊んだこの植物園に足を運んだのかもしれない」

 そういえばくーちゃんがお化けになった理由って、お化けになったら死んだお母さんに会えるかもしれない…というものでしたからね。そして計佑の回想シーンの中のまくらのお母さんはまくらに似た美人な女性で、いやそれよりも幼女くーちゃんがロリ可愛すぎるぅうううっ!!!!!!!!


そして計佑はまくらのいる新潟の方へと行く事に


 あの回想シーンの中のまくらの母親の言葉に背中を押されたのかもしれませんね。しかしまくらの家に行くわけにもいかず、かといってケータイに電話もかけられず、喫茶店で途方に暮れてしまうところが計佑らしいなと苦笑せざるを得ませんでした。それがまさか偶然立ち寄った喫茶店でまくら…くーちゃんと再会するだなんて、しかもくーちゃんすごい可愛くなっているし、でも彼氏いるんだしってまさかそんな…


俺もまくらのことが好きだぁあああっ!!!!!!!!


 まあ案の定計佑はその場から逃げ出してしまいましたが、こうしてくーちゃんの手をギュっと握ってキレイになったよと言えただけでも、前進といえば前進なのかな。それにしてもくーちゃんの彼氏という話が、前に計佑と二人で撮ったプリクラを見られて…というのがわかって、内心ホッとしました。

「でも久しぶりに会って…やっぱり思ったよ 私ね計佑の事大好き」

 最後は二人共両想いになれて本当に良かったです。ここの計佑とまくらのやり取りが二人らしいなと思いました。できれば後日談とか補足説明とかと単行本で期待したいところですね…
広告

関連記事
No title
私も単行本で後日談を期待していたのですが、
残念ながら単行本もここまでで終わっていました。
[ 2015/03/05 22:15 ] [ 編集 ]
この後二人はどうなるんですか?

後、また続きを書いて欲しいです

自分は先輩の事好きです
[ 2015/03/03 23:53 ] [ 編集 ]
これ偶然見つけて昔のジャンプひっぱりだしてきてパジャ彼読みました
またジャンプで書いてくれませんかね?
濱田浩輔先生は・・・
ikunoさんはツイッターやっているようなので
フォローさせてもらいまーす( ・∀・)
[ 2013/03/10 09:54 ] [ 編集 ]
本当にパジャカノはこのまま終わってほしくないですよね。
単行本で雪姫先輩達のことフォローしてあげて欲しいです。
[ 2012/09/06 06:59 ] [ 編集 ]
後日談ぜひ欲しいですね。
このままおしまいは嫌だ…
計佑はまくらの家に泊まるんだろうか。
あと雪姫先輩とも仲直りしてほしいです。
[ 2012/09/05 23:23 ] [ 編集 ]
とうとう終わっちゃいましたね。
毎週読むの楽しみにしていたんですが。。
残念です。

なぜ終わった!!パシャ彼!!!
[ 2012/09/04 03:46 ] [ 編集 ]
マガジンの恋愛漫画は更にリアル路線ですね。
(悪い意味でリアルなのか殆ど批判しかされていないサイトもしばしば)
小畑氏、矢吹氏も脚本を別の人に任せる前は
イマイチな評価だったはずですしコンビを組むか、
長い目で見てもらえる他誌に移籍かですかね。
[ 2012/09/01 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ