カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » .ぬらりひょんの孫 » ぬらりひょんの孫 葵螺旋城 最終決戦編 第一幕の感想

ぬらりひょんの孫 葵螺旋城 最終決戦編 第一幕の感想

ジャンプNEXT!2012SUMMERにぬら孫最終決戦編第一幕の感想です。


今回までに明らかになったぬらりひょんの孫の情報について


・10月、12月発売のジャンプNEXT!に3号連続掲載決定
・10月は10月9日(火)にジャンプNEXT!秋号が発売される予定
・単行本24巻(OVA同梱限定版も有)が12月4日(火)に発売決定
・特製クリアファイル300名プレゼント、裏面の書き下ろしゆきんこつららが可愛い


ジャンプNEXT!は基本的に本誌が合併号休みの週に発売されていましたが…


 これまでは12月or1月、4月or5月、8月の年三回発売されていたのですが、新たに10月にも発売されることになったようですね。まさか10月にも合併号休みがあるのでしょうか?それとも今後は季刊誌としてやっていくつもりなのでしょうか?まあ何はともあれ、ぬら孫がきちんと完結まで描かれるだけでも、ありがたいのですけどね…


番外編は駆け足で話が進んでいきましたね


 そして今回の番外編ですが、葵螺旋城に突入して、仲間達が身を呈してくれたおかげで先に進むことができて、そして同じ四分の一妖怪でもある晴明の息子との一騎打ちの対決へと、一気に駆け足で話が進んでいきましたね。しかもリクオと晴明の息子の一騎打ちもあっという間に終わってしまいましたしね。うーん、これまで本誌で描かれてきた天海や他の御門院達との戦いと比べると、どうも消化不良な感が否めませんね…

 でも晴明の息子…吉平との戦いで、昼のリクオも夜のリクオも半妖であることをずっと悩んでブレもしたけれどようやく受け入れることができた、ということに触れていたのは良かったと思いました。そしてつららはそんなリクオをずっと見てきたということも…ね。それにしてもつららは健気ないい子過ぎですね。私がリクオならば、ぐす…と涙を流すつららを思わず抱きしめてしまうに違いありません。やはりリクオのそばにはつららがいなければいけないとも思いましたね…


今回の番外編で気になる点をあげてみました


・今回登場しなかったイタク達遠野妖怪は間に合うのか?
・今の羽衣狐様は山吹乙女さんでもあるようだけど、リクオと鵺のどちらの味方となるか?
・っていうか、鵺は前に実の母親の羽衣狐様を切り捨てているから、今さら必要とするとも思えないけど…
・吉平戦はリクオが一人で戦ったけど、晴明戦はリクオとつららが力を合わせて戦うことになる!?
・リクオの仲間達と有行や心結心結さんとの戦いは省略されないよね…!?
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ