カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年39号の感想

週刊少年ジャンプ2008年39号の感想

2008/08/25 11:23 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(2)

今週号は陰陽師・花開院ゆらが魅せる!

妖怪ムチとの激闘からは目が離せない!

(ぬらりひょんの孫より)



週刊少年ジャンプ2008年39号掲載作品の中で、

特に印象に残った作品の簡単な感想を書きます。



●アイシールド21

 見開きのカラー扉絵で帝黒からは小泉花梨一人だけ描かれていましたね。

 でも本編ではあいかわらず投手らしい活躍がほとんどないのが残念です。

 デビルバットの言う通りルール知らなくても楽しめるのがいいですよね。

 パワーとスピードとランとキャッチだけ分かればなんとなく読めるから…

 一芸バカ達が上手く能力を発揮できるように描いているのも魅力的です。

 正攻法で攻められたら泥門に勝ち目がなさそうだけどどうするんだろう…



●BLEACH

 ただの変態同士の戦いと思いきや、弓親がカッコ良く見えるから不思議。

 自分の鬼道系の斬魂刀の能力を見せたくないというこだわりがいいです。

 檜佐木と戦っている奴、仮面を壊すと強くなる設定は何か意味があるの?

 この作品のキャラってもったいぶって最初から全力出さないのが嫌です。



●ONE PIECE

 戦桃丸強え。ただの突っ張りでルフィの攻撃を跳ね返すなんてどんだけ~

 それにしても黄猿の能力もそうですが、自然系はみんな反則的すぎます。

 攻撃がきかないし、防御もできないってそんな奴らとどうやって戦えと。

 ルフィ達の前に戦桃丸ともう一体のパシフィスタとさらに黄猿まで登場。

 絶体絶命の危機で冥王レイリーが参戦する熱い展開になってきましたね。.



●NARUTO-ナルト-

 やはり、サスケの万華鏡写輪眼の幻術で八尾を倒してしまうと思いきや…

 いとも簡単に打ち破って、サスケに一撃食らわせた八尾がカッコ良すぎ。

 最強の人柱力八尾は人柱力としては完成された強さと言ってもいいかも。

 個人的にはサスケはあまり好きではないので痛い目に遭ってほしいけど、

 サスケの側からすると今は絶体絶命の追い詰められた状況なんですよね。

 全部サスケが見せていた幻だとか、都合良く助っ人が現れるのは嫌です。



●いぬまるだしっ

 すごいのは二人も大石先生の復帰を待ちわびていた先生がいたという事。

 (詳しくは巻末コメントで。)

 下半身丸出しの幼稚園児が主人公のちょっとシュールなギャグ漫画かな?

 クレヨンしんちゃんと違うのは、小さい子供に全く受けそうにない所が…

 表紙とか巻頭カラーネタとか最初から大石先生らしいネタで笑いました。

 全体的にネタが古い感じがしますが、青い空を蒼井そらは私のツボです。



●ぬらりひょんの孫

 四国の妖怪風のムチに襲われたリクオの祖父ぬらりひょんと陰陽師ゆら。

 その風の威力は大気も建物も何もかもを切り裂くすさまじい威力を発揮。

 さすがのゆらもリクオの祖父をかばいながらだと防戦一方苦戦必至です。

 自分の身よりもリクオの祖父を気にするゆらは本当に優しい女の子です。

 でもその優しさ以上にムチ達に見せた圧倒的な強さにゾクゾクしました。

 いやだって、リクオの祖父を高い所に逃がした後にゆらの強さときたら!

 式神三匹召喚!ムチを瞬殺!そのゆらのあまりの格好良さに惚れました。

 これまではあまり活躍できなかっただけにゆらファンとして嬉しいです。


広告

関連記事
鳥居…そういえばいましたね、そんな娘。

たしかに目がちょっと怖いかもしれません。
[ 2008/08/28 23:42 ] [ 編集 ]
ぬらりひょんの孫…

なんか鳥居の目に違和感を感じました…
[ 2008/08/26 08:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のジャンプ『2008年39号』
 アイシールド21が6周年だそうです。過去にほとんど無かったアメフトを題材としていただけに、よくここまで続いていると思います。・アイシールド ようやく相手を脅かせる状況になってきたというのに、これでもまだ浮き足立たないのだから・・・こりゃかないま
[2008/08/26 21:15]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ