カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ミウラタダヒロ » ミウラタダヒロ 恋染紅葉 » 恋染紅葉(原作:坂本次郎先生、漫画:ミウラ タダヒロ先生) の感想

恋染紅葉(原作:坂本次郎先生、漫画:ミウラ タダヒロ先生) の感想

【これまでの両先生の経歴】

 ジャンプNEXT!2011SPRINGで、ある日突然超人気アイドルの女の子と義理の兄妹になって一つ屋根の下で暮らすことになった、「ふぁみドル!」というラブコメが掲載されました。そのふぁみドル!の作者の両先生が再びタッグを組んで、今度はジャンプ本誌でまたもやアイドルがヒロインのラブコメが読切で掲載されることになりました。

【とにかく女の子が可愛い】

 何しろ両先生の描く女の子はすっごく可愛い、これに尽きます。ふぁみドル!の朝野七海ちゃんもすっごく可愛かったのですが、恋染紅葉の瑞原紗奈ちゃんもななみんに負けない位すっごい可愛いのですよ。主人公の言うとおり、日本一級の美少女だけど、普通に素直でいいコでスレてなくて、こんな子とお近づきになれたらもうっ!もうっ!

【簡単なあらすじ】

 物語は主人公…相川翔太の通う学校が、瑞原紗奈主演の映画のロケ地として選ばれたところから始まります。そしてひょんなことから翔太と紗奈は知り合い、紗奈の役作りのために二人はデートをすることになったんですね。そんで手を繋いだりキス…はさすがにできなかったけど、下の名前で呼び合ったり神社で一緒に八つ葉もみじを探したり。
 
 そして八つ葉もみじを見つけると永遠の恋が実るという紅葉お守りがもらえることがわかります。そこで二人は一緒に八つ葉もみじを探し始めるのですが、そこにいけ好かないイケメンが現れたせいで、翔太と紗奈はギクシャクしてしまい、それでも翔太は紗奈と仲直りするために八つ葉もみじを探すのでしたが…

【あててんのよ】

 曲がり角を曲がったらぶつかったという、ベッタベタすぎる出会いのシチュエーションは良し!そんで紗奈ちゃんが誰かに追われているのを見て、翔太は紗奈ちゃんと一緒に体育倉庫に隠れるわけですが。そこで紗奈ちゃんに伏せて!と押し倒されて、むぎゅっ(はぁと)と、おっぱい押し付けられちゃってるじゃありませんかぁっ!!坂本次郎先生はタカヤの作者だという噂がありますが、まさかここで「あててんのよ」を発動させてくるとは…

【主人公は純情、ヒロインはちょっと天然】

 まあどっちもラブコメのお約束といえばお約束ですけどね。でも二人とも手を繋いだだけでもドキドキして顔を真っ赤にして、主人公なんて顔赤くなったのが恥ずかしくて顔そむけちゃったりして、そんな初々しい二人にニヤニヤが止まりませんでした。それなのにいきなりキスをしようとするなんて、わたしだって初めてだと顔を真っ赤&こぶしをぷるぷるさせながら言う紗奈が可愛すぎでした。

【アイドルの魅力にくらくらしまくりです】

 顔もすっごく可愛いしスタイル抜群だし性格もいい子なんですよね。意外と負けず嫌いなアツイところも好感が持てますしね。そんな子に真っ直ぐな瞳で見つめられたり、おっぱいあてられたり、艶かしい唇でキスをせがまれたりしたらもうっ!もうっ!俺が主人公だったら、あまりの可愛さに紗奈をぎゅっと抱きしめずにはいられないと思いますね…

【"紗奈"…って呼んでよ その方が恋人っぽい…でしょ?翔太…くん】

 そんないきなり下の名前で呼ばれて、しかもじーと見つめられたら、そんな可愛い表情とポーズで見つめられたら、もうイッちゃいそうな自分がいました。紗奈の翔太を見つめる瞳が明らかに恋する女の子にそれになっているのですよ。最初はそれこそただ役作りのためだけだったのに、紗奈も次第に翔太に惹かれつつあるのだと思われます。でもいけ好かない相手役のイケメン俳優が現れたことによって…

【怒った紗奈もジャージ姿の紗奈もいいなあ】

 翔太がわざと突き放したような言動をして、それに怒った紗奈が翔太をびんたして、二人はギクシャクしてしまうという。しかし紗奈は怒った表情も、ぷいっとした表情も、それはそれで可愛いと思いました。そして撮影は進みますが、ポニテ&ジャージ姿の紗奈もとっても可愛くて、それにちょっとエロかったです。でもあいかわらず恋する女の子役作りがうまくいかず、撮影も順調に進んでいないようで…

【憧れのアイドルとの初めてのキス】

 やっぱりなんといっても最大の見せ場は二人がお互いの気持ちを告白したあのキスシーンでしょう。初々しくも熱いキスをする二人からはしばらく目が離せませんでした。イケメンが無理やり迫ろうとしたのとは気持ちの高鳴りもムードも全然違いましたしね。翔太が必死に八つ葉もみじを探し出して、イケメンにキスされそうになっていた紗奈を助けたのも、話的にも二人の気持ち的にも盛り上がりましたしね。

【そしてラストはハッピーエンドに】

 しばらく会えない日々が続いたけど、今度は紗奈が八つ葉もみじを見つけてまた二人は再会し、しかも今度は翔太と紗奈の恋を映画にするという、最高のハッピーエンドになりました。こういうラブコメをこそ、私たちジャンプ読者はずっと待ち望んでいたのですよ!一日も早く、両先生のラブコメがジャンプで連載開始されることを願っています。マジで。
広告

関連記事
>ふかっちょさん

久々にあれだけ完成度の高いラブコメを読みました。
できれば両先生には本誌で連載してほしいですね。

>みなさん

基本的に少年誌のラブコメは男性向けなので、
どうしても男のヒロインはこうであってほしい願望が色濃く出てしまい、
その結果、女性には理解しがたいものになるのかもしれませんね。

あまりラブコメにリアリティーを追求すると生々しくなってしまいますし、難しいところです。
[ 2012/02/04 22:39 ] [ 編集 ]
男性が読むとこうなるんですね。
私は正直、主人公がなんでヒロインを好きになったのかわからず困惑しました。
まず「やっぱ可愛い」から始まって「日本一級に可愛い」とか「あの水原紗奈だなんて」とか、主人公がヒロインの外見や肩書きばっかり見ているようで、女性としてはあまり好感が持てません。
作画も良かったですし、ヒロインも可愛かったので、次回作に期待したいです。
[ 2012/02/03 19:54 ] [ 編集 ]
僕も今週号に掲載されていた「恋染紅葉」みました。とっても感動したし、何より久々に漫画にひかれたというか、そんな感じがしました。今後も両先生方の漫画を見たいです。
[ 2012/01/31 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第361夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第157夜 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.358 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月9日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ