カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » D.Gray-man » D.Gray-man Vol.16「next stage」の紹介

D.Gray-man Vol.16「next stage」の紹介

2008/09/04 10:42 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

レベル4との死闘が繰り広げられる単行本第16巻の紹介です。



●第150夜「血と鎖」

 教団を襲ったアクマ達の中から生まれた未知なる存在レベル4のアクマ。

 その力はまさに圧倒的で、アレンや元帥達さえも全く寄せ付けないほど…

 それはまさに虐殺、たくさんの人々の命がレベル4に奪われていきます。

 教団にとっての残る希望はリナリー、彼女がイノセンスと適合するしか…



●第151夜「だいきらいな かみさまへ」

 兄の他にも様々な人の想いや戦う姿を目の当たりにしたリナリーの決断。

 それは自分の体内にイノセンスを飲み込み受け入れるというものでした。

 ルベリエの判断もアクマと戦う者の判断としてはたしかに正しいけれど、

 リナリーが背負うものがあまりにも重すぎるような気がしてなりません。



●第152夜「そして約束のコトバを交わしましょう」

 世界がリナリーの想像通りの優しい世界だったらどんなに良かった事か。

 あの夢で良かったとホッとする笑顔と見るとやりきれない気持ちですね。

 だって現実はあまりにも過酷で、大切な仲間達が次々と死んでいくから…

 異形の仮面をつけて戦うアレンには凄まじい迫力と強い覚悟を感じます。

 誰もが傷ついていく。アレンも。リナリーも。体の心の痛みが痛いです。



●第153夜「アカノカクゴ」

 みんなを守る力を手に入れるために、イノセンスを受け入れたリナリー。

 兄のコムイに見せた笑顔は今まで彼女が見せた中でも一番の笑顔でした。

 その笑顔に彼女の強い決意や覚悟そして兄コムイへの想いを感じました。

 リナリーの足の出血は拒絶反応かと思いきや、実はイノセンスの結晶化…

 それはリナリーの覚悟に応えて黒い靴への武器化という形で現れました。



●第154夜「戦線ヘンドウ」

 黒い靴を履いたリナリーに踏まれたいと思う変態的な思考は置いといて。

 レベル4ともやり合えるリナリーの強くて美しい姿にはゾクゾクします。

 リナリーキターって感じです。リナリーが格好良すぎて惚れ直しました。

 あのフトモモがある意味絶対領域が私達の男心を魅了して惑わしますが…

 

●第155夜「長い朝に響く」

 それにしてもアレンの師匠のクロスは美味しいところを持っていきます。

 最初からあの攻撃を食らわせていればと思ってしまうのは私だけですか?

 最後はエクソシスト達の渾身の力を込めた攻撃でレベル4を撃破します。

 それにしてもレベル4との戦いは息をもつかせぬ凄まじい戦いでしたね。



●第156夜「next stage」

 トビラ絵でリナリーに頬をつねられている神田に軽い殺意を覚えました。

 リナリーは顔も可愛いけど、その足にグッと惹きつけられるんですよね。

 たくさんの涙の中でもリナリーのとめどなくあふれる涙が印象的でした。

 身を挺してアレンを守ったり、動かなくなったアレンをおんぶしたりと、

 もしかしてアレンの監視役のリンクは意外といい奴なのかもしれません。



●第157夜「レチタティーヴォ」

 タ~ップ!彼が人間らしい最期を迎えられたのがせめてもの救いでした。

 レベル4との悪夢のような戦いも終わって、教団本部も日常へ戻ります。

 アレンと神田の稽古というか意地の張り合いには思わずニヤニヤしますw

 コムイが妹のリナリーと目が合ってすぐに逸らしてしまうのはどうして?



●第158夜「悪の花」

 いつもと違ってこの回は千年伯爵とノアの一族の視点で描かれています。

 そこでは彼らの目的が垣間見えますが、ますます謎が深まりもしました。

 人間以上に人間らしい一面を見せている彼らだからこそ、わかりません。

 何故、彼らが世界を敵に回して、アクマを生む悲劇を起こし続けるのか…



●第159夜「嵐の引越し 午前2時」

 アレンのうとうとうととする姿を不覚にも可愛いと思ってしまいました。

 アレンの髪が急に伸び、ブックマンの髪がうさ耳に、神田達が幼い姿に…

 科学班の怪しい薬のせいで教団はとんでもなくカオスな状態となります。

 ちょwニャ~と鳴くリナリーはヤバイってwもう超絶的に可愛すぎます。



●第160夜「黒の教団壊滅事件再び」

 さらに停電で真っ暗になり、ヒヒヒと怪しい笑い声まで聞こえてきます。

 この暗闇の中では何もかも怖く感じるのに、婦長の怖さは尋常じゃなく…

 しかも吸血鬼のように噛み付いてきて、それが次々と伝染していきます。

 でもミランダに噛み付かれるのはちょっとエロいドキドキを感じますがw

 レベル4の時とは違った意味で教団の危機wどんな展開になるのやらww


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ