カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » HUNTER×HUNTER No.328「手配」の感想

HUNTER×HUNTER No.328「手配」の感想

2011/12/11 13:33 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

 キルアは電光石火でツボネを引き離し、近くの街へと向かう。そこでツボネはアマネ&カナリアと合流し、キルアを先回りすることに。そして近くの街の空港でキルアと執事達が一緒になり、イルミを撹乱するため複数の飛行船を借りてゴンのいる病院へと向かう。それに対してイルミが取った行動、イルミを迎え撃つためにキルアが取った行動とは…

アマネ「しまったぁー!!あ!!!あんたわざと私に色々言ってきたんでしょ!?逃がすため!!」

 キルアに対しては常に沈着冷静に自分の感情を押し殺して応対していたアマネでしたが、こうしてカナリアと二人きりになったときにはじめて素のアマネを見ることになるのですが、カナリアにイジられてムキになるアマネは何とも愛らしくも可愛らしいと思いました。ちょっとおバカさんで騙されやすいところとかが、もう、ね…

ツボネ「仮に私達が「キルア様はそこにいる」とわかってても近づかなければ確認しようがないそんな場所は!?」

 そうか、飛行船の中なら誰にも見られたり聞かれたりしないから、アルカと1m以上離れても、モラウにアルカの能力とかを話しても大丈夫なわけなんですね。それにしてもてっきりツボネも姿を隠してついてきているものだとばかり思っていたのですが。キルア達と同じ飛行船に乗っていないとしたら、どうやって追いかけてきているんだろう…

キルア「モラウはハンターを募って針人間を捕獲・回収してくれ」「複数の一般人を利用して再起不能にした動かぬ証拠があれば…兄貴がプロのハンターでも狩っていいんだろ?」

 キルアはアルカを守るためなら実の兄貴でも容赦しない。一方イルミは愛する弟(キルア)を守るためなら実の弟(アルカ)を殺すことも厭わない。キルアとイルミ、色々な意味で対照的な二人ですが、根本的な部分では似ているのかなとも思いました。かたや信じられる仲間を頼り、かたや信じられる者は自分のみ、はたしてどちらが勝つのか…

 しかし脱会長派のハンター達はイマイチパッとしませんね。見るからにすぐにやられてしまいそうなそんな感じが。あとモラウは「兄貴が弟を…!?」と言っていましたが、この「弟」とはキルアじゃなくてアルカのことだと思われます。そうなるとキルアがアルカのことをモラウに弟だと言っているわけで。アルカは弟なのか妹なのかすごく気になります…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ