カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年41号の感想

週刊少年ジャンプ2008年41号の感想

2008/09/09 10:49 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

雪女つららとカナの(夜の)リクオを巡る恋の火花が散る!

女の戦いが繰り広げられるぬらりひょんの孫は要注目です!

(え?違う?妖怪バトルモノだって?それは置いといて)



週刊少年ジャンプ2008年41号掲載作品の中で、

特に印象に残った作品の簡単な感想を書きます。



●ONE PIECE

 ルフィも仲間達もみんなくまの肉球で消されてどこかへ飛ばされました。

 そしてルフィがバラバラになった仲間達を探す旅が始まるのでしょうか?

 それともみんな同じ場所に飛ばされたのか…死んではいないはずですが。

 何故くまは立場を危ぶめるリスクを冒してまでルフィ達を飛ばしたのか?

 ただ政府に従うだけではない、何らかの意図が見え隠れしているような…

 

●BLEACH

 仮面を壊すほど力を増すのなら、何故全部壊さないのか理解できません。

 死神もアランカルもとっとと全力を出して相手を倒しに行けばいいのに…

 それも戦いの流儀とか、自分なりの戦い方にこだわりを持っているから?

 脇役同士の戦いに何話もかけて、いつになったら、終わるのでしょうか?



●NARUTO-ナルト-

 サスケ達は八尾との圧倒的な実力差の前になす術もなかったはずなのに…

 八尾が狙われやすい巨体に変身した時から何か嫌な予感がしていました。

 それがサスケの天照で形勢逆転しかも都合良く捕らえる展開になるとは…

 しかも呪印がないから、傷が癒えていないからと苦戦した言いわけまで。

 サスケもデイダラやイタチとの戦いは白熱して見応えがあったのですが…



●いぬまるだしっ

 いぬまるの突拍子もない行動に振り回されるたまこせんせがいいですね。

 あのリアクションや困った顔はますます困らせたくなる可愛さですから。

 あの変態仮面を彷彿とさせる昔懐かしいネタには笑ってしまいましたね。

 しかもただ使うのではなく、ここぞという場面で使っているのがすごい…

 ギリギリ引くか引かないかのシュールなくすっと笑うギャグがいいです。



●アイシールド21

 どこから攻めても全く隙のない大和を相手になす術のないセナでしたが…

 四次元って。ひょっとして一人時間差攻撃のようなものなのでしょうか?

 試合中に突然新技を思いつかれても、時々ついていけない事があります。



●ぬらりひょんの孫

 リクオ達の新たな敵、四国の妖怪達ははっきり言ってどうでもいいです。

 ムチとたった一人で対峙したぬらりひょんが心配で駆けつけてきたゆら。

 彼女のちょっとコミカルなリアクションもそれはそれで可愛いのですが…

 それよりもぬらりひょんが無傷だとわかって見せたゆらの安堵の表情が!

 まるで小動物のような抱きしめたい可愛さに思わず胸がキュンとします。

 一方、雪女つららはカナの(夜の)リクオに対する様子が気になる様子。

 両手に「ホ」と「レ」の旗、頭に「タ」の扇子を乗せる姿が可愛すぎる!

 つららの嫉妬に狂う姿を見ると思わずニヤニヤがとまらないのは私だけ?

 カナにはこれからも私のつららの引き立て役として頑張ってほしいです。





★トラックバック送信先(関連記事)



意味不明な小部屋 様


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のジャンプ『2008年41号』
 ジャンプの希望の星が・・・私の感覚と、一般的なジャンプ読者の感覚が恐ろしいほどズレてしまっているのでしょうかね?・ブリーチ フィンドール・キャリアスには「間違いでも正解を見つけた時点で間違いじゃなくなるのです」という言葉でも贈ってやりたい気分で
[2008/09/10 00:49]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ