カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .横田卓馬 » .横田卓馬 ジャンプ(集英社) » 転生変身DXドラゴンシャフト(by横田卓馬先生)の感想

転生変身DXドラゴンシャフト(by横田卓馬先生)の感想

 あのオナマスのYOKO氏がジャンプNEXT!2011WINTERで商業誌デビュー!あの「戦下に咲く」で第29回トレジャー新人漫画賞佳作を受賞してから1年ちょっと、ついにこのときがやってきました!

 今回は平成ライダーが大好きだという横田卓馬先生が理想の変身ヒーローを描いた入魂の一作。正体不明のヒーローが怪物に立ち向かう!というまさに変身ヒーローものの王道をいく漫画です!!

 遠い思い出の向こうに守ってくれたアイツがいた。でもその幼なじみの男の子、変身ヒーローが大好きだった竜醒は一年前に失踪してしまった。それと時を同じくして、この街では連続失踪事件が頻発しだすようになった。そしてこの漫画のヒロイン・仄香も犠牲者の一人になりかけたそのとき、彼女を助けてくれたのは正義の変身ヒーローだった!

 そういえば昭和の仮面ライダーって、悪の組織…ショッカーだっけ?に改造されて生まれたんですよね。でも大切な人達を守るために変身して戦う…このマンガに出てくるドラゴン仮面もそう、彼らはまさに悲劇のヒーローなのです。でもこの漫画の主人公にはもっと過酷で容赦ない現実が待ち構えていました。それはまああとで詳しく書くとして…

 そういえば物語の舞台こそ違えど、主人公とヒロインが幼なじみだったり、謎の敵と激しい戦いを繰り広げていたり、「戦下に咲く」と共通する点も多いんですよね。まずヒロインがいい子で可愛い、これ一番大事。どんな過酷な状況でも心通わす仄香と竜醒のやり取りがすごく好きです。仄香の言葉に不覚にも心動かされてしまった自分がいます。

仄香「キミは何も違わないッ どんな姿になっても変わらないッ あたしの幼なじみのッ 矢柄竜醒でしょうがッ!!!」

 異形の化け物になったのならまだしも、自分の記憶を奪い自分であるかのように振舞っている偽物かもしれない。そんなふうに苦悩していた竜醒に対して仄香が言った言葉がこれでした。これほどまでに今の主人公の境遇や心境をわかってくれる人は他にはいないはず。その言葉が主人公の迷いを吹っ切り、さらには新たな力を与えてくれることに…

 仄香の友達のゆりを喰らったのは、仄香を襲ったのは、竜醒が戦い続けているのは、変身獣と呼ばれる様々な形に姿を変える人喰いの怪物だった。やつらは人の姿で人間社会に紛れ、人の顔や記憶さえ奪った挙句に、誰にも気付かれずにその人にとって代わってしまう。そして竜醒もまたヤツらに襲われたが、彼の場合は人間の自我が残ったことで…

 こうして正義の変身ヒーローとして変身獣と戦っているわけです。でももう本物の竜醒はこの世にはおらず、竜醒の記憶を奪った変身獣が竜醒のように振舞っているだけかもしれない。だからその変身ヒーロー"ドラゴンシャフト"は苦悩し続け、化物になることを恐れ、変身も中途半端なまま本来の力を出せなかったのです。でもそんな竜醒を後押ししたのが…

 彼が必死で守ろうとしていた幼なじみの仄香だったんですね。そして仄香は最初からドラゴンシャフトの正体が竜醒だということにも気付いていました。ボロボロに傷ついた竜醒に大粒の涙を目に浮かべた仄香がぎゅっと抱きついて、竜醒が自分が抱え続けていた苦悩を仄香にさらけ出して、仄香が涙ながらに竜醒を叱咤激励する、一連のシーンに…

 もう思わずグッときてしまった自分がいました。でもそんな二人を放っといてくれるはずもなく、ゆりの姿をした変身獣が二人に迫る!しかもゆりの姿とゆりの声で笑いながら仄香を殺そうとするとはホント容赦無いなと思いました。その変身獣はさっき竜醒がまるで叶わなかった相手、でも今の竜醒は大事なものを守るため悪意ある力と知りつつ敢えてそれを使う覚悟を決め…

竜醒「変…身ッ 姿形が変わろうと正義の心は変わらない…!!俺の名を呼んでくる人がいる限り…!!」

 そして竜醒は異形の姿と化してしまったのですが、ゆりの姿をした変身獣とは違い、人間に仇なす者ではないことが一目でわかりました。そしてそのハンパないカッコ良さにゾクゾクしびれてしまった自分がいました。もちろん竜醒は変身獣に勝ち、最後はヒロインのもとへと。王道変身ヒーローものな展開や世界観にどっぷりハマってしまった自分がいました。

 今のジャンプに足りないのはこれなんだとも思いました。そしてなにより横田卓馬先生の漫画の主人公とヒロインの関係性や世界観がすごい好きなので、ぜひ週刊少年ジャンプでも横田卓馬先生が描く漫画を読みたいです!!
広告

関連記事
そうなんですか、私はカブトは見ていないので知らなかったです。
たしかにカブトから影響を受けているのかもしれませんね…
[ 2012/01/09 06:47 ] [ 編集 ]
昭和ライダーというより、
私は平成ライダーの「仮面ライダーカブト」からの影響が強いように思った。
具体的には、個人の人間に擬態しその記憶も引き継ぎ社会を侵食する敵という設定や、
イレギュラーにより人間の記憶と自身の正体に葛藤する物語など。
[ 2012/01/06 01:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第349夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第147夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.348 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は5月17日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ