カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » .河下水希(初恋限定。 他) » ボクのアイドル(by河下水希先生)の感想

ボクのアイドル(by河下水希先生)の感想

 今週発売の週刊少年ジャンプに、あのいちご100%あねどきっの河下水希先生の新作読切が掲載されました。キャッチコピーは新感覚アイドルスカウトラブコメ…まあ結局は幼なじみの可愛い女の子とイチャラブってコメるお話なんですけどね(←爆ネタばれ要注意)。

 主人公の平野晴史がアイドル委員に任命されたことから物語は始まります。その仕事の内容とは校内の女子をスカウトして、文化祭ライブのアイドルに仕立て上げること。ところがいくら捜してもアイドルをやりたがる女の子なんていません。でも身近にたった一人だけ…

 もしも当日ライブが行われなかったら退学処分なんてプレッシャーをかけられながら始まったアイドル捜し。でも主人公には声をかけられるような女の子なんてたった一人しかいなかったのです。そう主人公の帰りを待ち伏せして飛び掛ってくるような典型的な幼なじみの女の子が…

 いきなりつまずいて抱きついてきて、胸の感触とかパンツ丸見えなのに思わずニヤニヤw内気でドジっ娘で泣き虫なところがたまらなく可愛いです。その主人公に人懐っこいところとかコロコロ変わる表情の小動物みたいな愛らしさにやられてしまいました。彼女の名前は相沢桃花…

 その無邪気な笑顔に思わずドキッとしてしまう自分がいました。俺も主人公みたいに一緒に帰ってファイトッて可愛く言われてぇ!ホントに隣同士に住んでるのな。でもその性格ゆえ桃花にはアイドルは無理そうな様子。そして翌日から主人公は悪友達とアイドル捜しを始めましたが…

 残念ながら、イケメンの力をもってしても、誰もアイドルになろうとする女の子はいませんでした。イケメン曰く主人公なりのアイドルへのこだわりがないとダメなんじゃないかと。そしてその夜、主人公が部屋で悩んでいると窓を叩く音が…って、窓伝いに幼なじみの部屋ですと…

 あまりにもお約束な、そしてうらやましすぎるシチュエーション。ああっ、主人公のことを気にかけてくれて、桃花は本当にいい子だなあ。それに少し恥ずかしそうに言うのがすっげー可愛いのな!風呂場で桃花の歌を聞いて我を忘れて駆け出す主人公…って、ちょ、裸だってばよ…

 しかもその格好で隣の幼なじみの家に上がり込んだ挙句、入浴中の桃花のところに突撃とは行動力ありすぎてワロタw桃花の幼くも女の子らしい丸みを帯びた体がたまらんぜぁあああぁ!!!でも主人公曰く、風呂を覗きたかったんじゃなくて、桃花の歌をみんなに聞かせたかったと…

 俺も別の意味で桃花…いやあえて桃と呼ばせてもらいます。桃に胸がキュンときました。くまさんパンツとか俺を萌え殺す気ですかwしかしいくら主人公が誘っても、みんなの前で歌なんて絶対歌えないもんと拒絶されてしまいます。そんで主人公自らアイドルになって歌うことに…

 でも桃が拒絶するのにも理由があったのです。それは幼稚園でのおゆうぎ会で大失敗したトラウマから。ちなみに幼稚園の頃の桃もロリ可愛すぎて思わず抱きつきたいのはここだけの秘密です。主人公は辛い顔までして衣装を着てほしくない、桃にはいつも笑っていてほしいんだと…

 そしてライブ本番に向けて一生懸命頑張る主人公の姿をずっと見ていた桃は、主人公の見よう見まねで歌と踊りの練習を。それに当日になって主人公が着るはずだった衣装がなくなっている。これはもしかしなくても…あの衣装を着たアイドル桃キター!すっげー可愛いんですけど!

 俺の桃は本当にアイドルみたいで、ステージ上ではすごく生き生きしていて、桃からずっと目が離せませんでした。しかも生パンとか最高すぎるw久しぶりにジャンプでラブコメ分を補充させて頂きました。4月30日発売のジャンプNEXT!に掲載されるというスピンオフ作品にも期待したいです。


★ トラックバック送信先(関連記事、順不同)

よう来なさった! 様
To LOVEる -とらぶる- 考察 様
『あねどきっ』をただひたすら追いかける。 様
関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

WJ読切感想 簡易版
河下先生の読みきりが掲載されていました。 はっきり言って、読み返す暇も巻末コメント欄を読む時間がないのですが、 一応簡単な感想だけ...
ドジっ娘のお色気もある青春快作!河下水希先生の新作読み切り「ボクのアイドル」
 河下水希先生の新作読みきり「ボクのアイドル」が、本日発売の週刊少年ジャンプ2010年21号に掲載されています。  これがなんとも河下水希...
河下水希先生久しぶりの読切掲載「ボクのアイドル」週刊少年ジャンプ 2010年21・22合併号の感想 Part1
河下先生久しぶりのジャンプ掲載ですが、「あねどきっ」が終了してから読切掲載までの間隔を考えると、意外と早かった印象。「初恋限定。」「あねどきっ」と連続打ち切りの苦汁を嘗めてる河下先生だけど、重要はあるんでしょうね。
[2010/04/26 00:28] よう来なさった!

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第346夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第144夜 NEW!

単行本
├本編:33巻-4月18日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.345 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月19日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ