カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » .ぬらりひょんの孫 » ぬらりひょんの孫 第七十三幕「羽衣狐京都全滅侵攻」の感想

ぬらりひょんの孫 第七十三幕「羽衣狐京都全滅侵攻」の感想

 羽衣狐様キター!現代では女子高生に転生されていた羽衣狐様。その妖艶な美貌と氷のように冷たい瞳にゾクゾクしてしまうのですよ。ああっ、もうっ、羽衣狐様のためなら死ねるっ!今回はこれまでの遠野から舞台を移して、京都で憎き陰陽師と対峙する羽衣狐様側のお話を描いていますが…

 寝起きの一糸纏わぬ姿はエロさとかを超越した神々しさすら感じてしまいます。眠たげに目を擦る姿がいいっ!ああっ、その羽衣狐様の御御足にグリグリ踏みつけられて罵倒されたいっ!転生前のオバハン…もとい淀殿とは比べ物にならないお美しさ、女子高生な羽衣狐様にヤラれてしまいました。

 制服のリボン?をつける仕草、タイツを穿く仕草、着替え一つとっても上品かつ高貴で、我々下々の者の心を魅了します。しかもいいところのお嬢様ときたら、これはもう完璧ではありませんか。そして羽衣狐様はお食事をお取りになりますが、その生き肝って、まさかこの前殺した陰陽師のモノでは…

 お屋敷のメイドさん達は陰陽師の生き肝と知らされずに調理していたのでしょうか?でもそんな残酷なところもまたステキです。そしてどこからか現れてきた無数の京妖怪達。その中にはこの前陰陽師を殺した狂骨の娘もいました。たしかに一つ一つやるよりだったら、一気に攻め落としたほうが…

 なるほど、それができないのもまた13代目秀元のせいなんですね。なんかよくわかりませんが、らせんの封印がすごいことだけはたしかです。その封印を解くには一つ一つ順にらせんにそって潰していかなければいけないのだと。でも羽衣狐様はそれさえも楽しんでおられるように見えますが…

 そんなわけで次の標的は清永寺の陰陽師。もう見るからにやられ役なおっさんキャラです。ドーピング後のマッチョっぷりには思わず笑ってしまいました。そんな陰陽師を瞬殺したのはもちろん我らが羽衣狐様。そのあまりの強さに惚れ直してしまいました。っていうかもう羽衣狐様が主人公でいいんじゃ…


★ トラックバック送信先

どこまでも高みへ  様
関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

ぬらりひょんの孫 第七十三幕 「羽衣狐京都全滅侵攻」
今週の感想(by三河の坊っちゃん) そんな第七十三幕。 久しぶりの更新。もはや完全に気まぐれ更新。
[2009/09/09 11:33] どこまでも高みへ

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第346夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第144夜 NEW!

単行本
├本編:33巻-4月18日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.345 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月19日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ