カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » D.Gray-man » D.Gray-man 第174夜「乗っ取られた監査官」の感想

D.Gray-man 第174夜「乗っ取られた監査官」の感想

2008/09/29 09:40 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

ちょ、下書きのまま載せないで!



パリの街を騒がす怪盗G、どうやらイノセンスと関係があるようですが。

警察も黒の教団も次々と人の体を乗り移っていく怪盗Gを捕まえられず。

アレンと神田が追い詰めたと思いきや、怪盗Gはリンクの体を乗っ取り…



アレン&神田vsリンク!三者の戦いが白熱する第174夜の感想です。



●トビラ絵はアレン

 今週のトビラ絵は本編で実現しなかった怪盗Gの衣装を着たアレンです。

 このアレンは同性の目から見ても思わずドキッとしてしまう可愛さです。

 もちろん顔も可愛いけど全体的な雰囲気が抱きしめたくなる可愛さです。

 本編で怪盗Gに体を乗っ取られたのはアレンの監視役のリンクでしたが…



●怪盗Gに乗っ取られて

 あのアレンとガチの勝負で蹴りを一発喰らわせるほどの強さを見せます。

 そういえばリンクはアクマとの戦いでもアレンをサポートしていました…

 しかも怪盗Gが乗り移ったことで、おかま言葉とその異様なテンション、

 まさに変態狂戦士の誕生と言っても過言ではありません、今のリンクは。



●リンクの秘めたる強さ

 実はリンクは中央庁のお抱えの戦闘部隊「鴉」だということが明らかに。

 アレンの左腕を拘束した秘術を使えるとはただの監査官とは思えません。

 アレンの指摘どおり、怪盗Gの言動には幼い子供じみた一面を感じます。

 もしかしたら子供がイノセンスで…なんて可能性を考えられるかもです。



●キャラ崩壊&作画崩壊

 それにしてもアレンも神田も仲間のリンクに対して全く容赦ありません。

 でも最小限の攻撃で追い詰めていくアレンと神田の連携はさすがですね。

 リンクのキャラが崩れていくのよりも作画が崩れていくのを感じますが…

 (9/30追記。というよりも下書きのまま載せたと言った方がいいですね)

 ついに標的捕捉?怪盗Gに乗っ取られた神田を見られないのは残念です。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ