カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年30号の感想

週刊少年ジャンプ2008年30号の感想

2008/06/24 12:16 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(1)

週刊少年ジャンプ2008年30号掲載作品の中で、

特に印象に残った作品の簡単な感想を書きます。



●NARUTO-ナルト-

 今回はいつもとは違う描き方、光と影のコントラストが印象的でしたね。

 自来也を失ったナルトのさびしさや悲しさ、喪失感が伝わってきました。

 暗闇の中で一人佇むナルト。それはまるで今のナルトの心境そのもの。

 アイスの雫とナルトの涙の滴が重なって落ちるのがあまりにも物悲しくて…

 ナルトを優しく励ましてくれたイルカ先生は暗闇に差し込む光でしたね。



●ONE PIECE

 ルフィが天竜人をぶん殴って、海軍大将の黄猿が来るという最悪の事態…

 それに対して普段は敵対している海賊同士が共同戦線を張る燃える展開!

 ルフィも熱いけど、他の二人も負けない位熱い!ドキドキワクワクです。



●BLEACH

 やっぱり喜助と鉄裁が濡れ衣を着せられる展開になってしまいましたか。

 藍染の卑劣で姑息なやり方がムカつくのはとりあえず置いときましょう。

 いつもは飄々としているクセに、虚化した平子達を必死に救おうとした…

 実は熱い性格で、仲間想いな喜助の株が私の中でグーンと急上昇中です。

 それにしてもこんな過去から伏線があったとは…話は最高に面白いです。

 (でも戦闘は微妙ですが。敵も味方もどんどん強くなる一方なのが。)



●ぬらりひょんの孫

 短絡的に裏切ったのではない、牛鬼には何か深い考えがあるようですが…

 まさに一触即発、一歩間違えればお互いの首が飛んでしまう状況の下で、

 命を賭けた男と男のやり取りをしている彼らの緊張感がたまりませんね。

 いつものやられ役にはなかったポリシーを牛鬼には感じる事ができます。

 つまり牛鬼カッコ良すぎ!リクオも負けてはいない!ゆら可愛いよゆら!



●アイシールド21

 たとえ相手に掴まえられたとしても引きずったまま突き進む力強い走り。

 それは相手が小柄&軽量なセナじゃなくても同じ事になったでしょうね。

 まさにアメフトの原点の走りを体現して見せる大和はすごく熱いですが…

 それでもなお己の武器のスピードで食い下がるセナも負けてはいません。

 究極の走り(ラン)と究極のスピード。そのぶつかり合いが熱いですね。



●魔人探偵脳噛ネウロ

 新しい血族は人間離れした優れた頭脳と強靭な肉体を持ってはいるけど…

 根本的な部分は普通の人間と変わらない?そんな感じがしてしまいます。

 次回は久しぶりに日常パート?弥子がどんな酷い目に遭うのでしょうか?


広告

関連記事
こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。

記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。



今回、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてください。





今期放送中の幾つかのアニメが最終回を迎えますが、それらの作品に限りブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。

最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。



詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓



http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51042191.html





宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
[ 2008/06/24 02:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

週刊少年ジャンプ 2008年 30号 感想
 週刊少年ジャンプ 2008年 30号 感想 ワンピース 憶越えルーキーVS海軍先遣隊! この構図が見たかったんですよ。 まあきっと...
[2008/06/26 00:55]
今週のジャンプ『2008年30号』
 連載6回目にして、早くも3回目の巻頭カラーとなるトリコ・・・ずいぶん優遇されてますなあ・・・・ナルト 戦時中に上に立つ人間は、時には部下を切り捨てる覚悟がないと勤まらないのですが、そういった点で考えると辛い立場なんですよね。逆に、今のナルトのよ
[2008/06/25 22:10]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ