カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ 第9巻「魔法試験2nd」の紹介

エム×ゼロ 第9巻「魔法試験2nd」の紹介

エム×ゼロ 9 (9) (ジャンプコミックス)

エム×ゼロ 9 (9) (ジャンプコミックス)

叶 恭弘



パンチラ描きたくない気持ちはわかりますが、それがかえってエロいです。

だって、表紙の三国久美は乾深千夜はノーパンにしか見えないのですから…



ルーシーや三国久美など愛花以外の女の子に要注目の第9巻の紹介です。



●M:78「ねらわれた文化祭?」

 永井や伊勢といった魔法の実力者達が参加したマジックワングランプリ。

 最後の爆風玉のヒントを持ってているであろう十字の男も参加しますが…

 本気を出した永井と、彼の窮地をクールに救う伊勢のタッグは強すぎる!

 十字男の泥の海に引きずり込む魔法も永井と伊勢の二人の力で破ります。



●M:79「ねらわれた文化祭?」

 最後の十字男は往生際が悪いのと何となくごまかしている感じが怪しい…

 一方、九澄は爆風玉からヒントを取り出すものの絶体絶命の破裂の危機。

 大門の助けはあったものの意地と努力と根性の九澄らしい脱出でしたね。

 爆風玉の犯人のどうしようもないみじめな敗北感はわかる気がしますが…

 でも、伊勢に言われて名乗り出て悔い改めたのがせめてもの救いですね。

 

●M:80「消えたルーシー・前編」

 ゴスロリ喫茶で他の少女達が華やかな衣装を着ているのに愛花だけ制服。

 久美もミッチョンもすごく可愛いけど愛花が一番似合いそうなので残念。

 ルーシーがどこにもいない事に気づいた九澄は一生懸命探し回りますが…

 ルーシーがすりつぶされる最悪の可能性が次第に現実味を帯びてきます。

 だからこそ、久しぶりにルーシーの姿を見た時はすごく嬉しかったです。



●M:81「消えたルーシー・後編」

 まるで西洋のお人形のような愛らしさは思わず抱きしめたくなる程です。

 九澄の後ろからピョコと顔を出した時の可愛さに萌え死にそうな自分が。

 ちょ。キモいっていうな!ルーシーは裸の姿のままが一番魅力的なのに!

 愛花達が着せた服もよく似合っているけど、そんなのルーシーじゃない!

 九澄の事が大好きだから、大切だから九澄を悪く言う愛花達が許せない…

 ルーシーの九澄に対する一途な想いが伝わってきてすごく良かったです。



●M:82「1年C組ゴスロリ喫茶」

 ちょっと強気な性格の出雲と可愛いゴスロリ衣装のギャップがいいです。

 でもGの旋律・時田がユサユサ胸を揺らしながらドリンクを持ってくる…

 それを上から眺めるのもたまりませんな。あの胸はある意味凶器ですね。

 胡玖葉たんが不良を倒すのよりも大門達のメイド姿が印象に残りました…



●M:83「魔法試験2nd?」

 聖凪高で唯一魔法を使えない九澄にとっては苦しい魔法試験の時期到来。

 しかもルーシーはあてにできず、M0は使えず、頼りになるのは自分の力。

 それにしても愛花と観月の奴、オレのルーシーに服なんか着せやがって

 今回の試験の内容は鏡の中の聖凪高のゴールにカードを届ける事ですが…



●M:84「魔法試験2nd?」

 いつもと違ってちょっとしおらしく頬を赤く染める久美が可愛すぎます。

 あの瞳で見つめられるとドキドキ、しかもプレゼントなんて心躍ります。

 が!これは魔法の鏡のトラップだったとは。でも伊勢の気持ちがわかる!

 でも汚名返上、九澄の頭脳を借りて活躍する伊勢がカッコ良かったです。



●M:85「魔法試験2nd?」

 最後のゴールに立ちはだかるのは、各々が最も苦手としている存在です。

 伊勢弟にとっては伊勢兄。魔法の実力差はとても抗いようがありません。

 が!その実力差をはねかえす程の伊勢弟の意地!気迫!臆せず戦う姿勢!

 三国にデレデレだった男と同一人物とは思えない位カッコ良かったです。



●M:86「魔法試験2nd?」

 九澄は最強の姉と対峙しますが、その前に三国久美の戦いが描かれます。

 …って、愛花はまたスルーなのね。ヒロインなのにこの扱いはどうなの?

 いつも強気な久美が幼児化して涙を流しながら怯えている…すごくいい!

 幼い頃の久美の顔にナメクジが飛び散ったのを見ると思わず興奮します。

 ロリ久美の幼い顔が白い液体…もといナメクジに汚されてしまったから。

 今の久美もロリ久美もエロすぎます。もう少し苦戦してほしかったかも。



●M:87「魔法試験2nd?」

 九澄は風邪を引いて力の加減ができない胡玖葉たんに手も足も出ません。

 でも実は胡玖葉たんはいじめられていた九澄を助けるために戦っていた…

 つもり。すごく弟思いの優しい姉なのがわかってホッと一安心しました。

 でもただやられるのよりは、頭を使った戦いの方が見たかったかもです。

 観月が書いた九澄に何本ものハートの矢を突き刺しているノートは必見…

 なんというツンデレぶりwなんという小学生レベルの恋愛なのでしょうw



●番外編「魔法はワンダフル…の巻」

 犬に変身してスカートの中見放題と思いきや背中に名前が書いてあって…

 アホだと思いつつも伊勢達に共感、エロ展開にならないのがもどかしく。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ