カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年26号の感想

週刊少年ジャンプ2008年26号の感想

2008/05/26 10:39 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

週刊少年ジャンプ2008年26号掲載作品の中で、

特に印象に残った作品の簡単な感想を書きます。



●トリコ

 一番肝心な食材の美味しさがほとんど伝わってこないのが残念なところ。

 もうちょっと私達読者が涎を垂らすような美味しさを描いてほしいです。



●NARUTO-ナルト-

 ちょ、イタチ格好良すぎます。自分を犠牲にして里のために尽くした男。

 でも里よりも大切な最愛の弟のために生きるその姿から目が離せません。

 サスケには兄のイタチは憎い仇だった方が良かったのかもしれませんね。

 その方が幸せに暮らせただろうに…真相を知ったサスケはどう出るのか…



●アイシールド21

 帝黒の主要メンバーの大和も花梨も鷹も本当の力を見せてはいませんね。

 特に普通の女の子にしか見えない花梨のプレースタイルが気になります。

 奇策を弄しながらも実力も兼ね備えている泥門の戦いは見所があります。

 でも強すぎる大和や鷹を相手にどう戦うのか…勝ち目ないっぽいですが。



●BLEACH

 いつもは飄々としている浦原喜助も副隊長が危機だと黙っていられない…

 こんなに熱い男だったとは驚きました。が、はたして彼は間に合うのか?

 BLEACHにしては、戦闘も緊迫して見応えがありますし、期待できるかも。

 

●ぬらりひょんの孫

 裏切り者の牛鬼に狙われたリクオと清十字団は絶体絶命の危機に陥るも…

 そんな事よりもリクオと雪女つららとカナの三角関係が気になりますね。

 ひたすら主のリクオのために尽くすつららの健気な姿がすごくいいです。

 カナという小娘もリクオが気になっているようですが、つらら負けるな!



●銀魂

 花魁姿の神楽はいつもの神楽とはまるで別人のようです。すごく綺麗だ…

 吉原の花魁の日輪太夫と息子の晴太は普通の母子のようには暮らせない…

 でもだからこそお互いを強く想う二人の行動の先にはどんな未来がある?

 あと神楽の兄貴が出てきましたね。こちらの兄妹の方も気になりますね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のジャンプ『2008年26号』
 40周年を記念して、缶コーヒーとのコラボですか。でも、直接見に行くにはちょっと遠いなあ・・・・アイシールド 確かに急激に力を付けたかもしれませんけど、帝黒側は明らかに余裕ありますよね・・・奇策でも大した効果が得られなかったとなると、どうやったら勝
[2008/05/27 22:42]
ジャンプ26号&巴拉圭ドローでキリンカップ制覇
ジャンプ26号は銀魂&リボーン&BLEACHが良く初恋限定が完結だがトリコはガララワニをトリコがでの様に捕らえ2人で食べるオチでワンピはデュバル登場も中身は変わらず海賊達がオークションに集合でケイミーはオークションの様でコーティング職人が伝説の
[2008/05/27 21:48]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ