カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年25号の感想

週刊少年ジャンプ2008年25号の感想

2008/05/20 11:50 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

週刊少年ジャンプ2008年25号掲載作品の中で、

特に印象に残った作品の簡単な感想を書きます。



●トリコ(新連載)

 女子高生ハンター世紀末リーダー伝たけしのしまぶーが帰ってきました。

 主人公が手強い生物と戦って、理想の食材を追い求めるお話のようです。

 バトルもグルメも今のところは特にこれといった魅力を感じられません。

 まずは個性的なキャラの魅力をどう活かせるかが重要かと思われますが。



●NARUTO-ナルト-

 自分の強さを知るためには一族皆殺しも厭わない冷酷な忍だったはずが、

 イタチの真実は里の平和を守るために己を犠牲にして一族を手にかけた…

 そして何より弟のサスケ想いの優しい性格だったのには驚かされました。

 うちはは誇り高き一族だと思っていたのでクーデターとか衝撃的でした。



●BLEACH

 前回までにやられた死神そして特務部隊に選ばれた死神の面子を見ると、

 隊長格の死神に限ると皆現在の仮面の軍勢のメンバーとなっていますね。

 おそらく死んで魂魄が消えたとしても、浦原喜助の義骸技術で蘇生して、

 でも完全には上手くいかずに虚化してしまうと推測できますがはたして…

 この作品は戦闘はアレだけど、キャラの魅力や人間ドラマは秀逸ですね。



●ぬらりひょんの孫

 主人公リクオが三代目として成長する姿を描いた妖怪バトル漫画ですか?

 妖怪の宿敵・陰陽師の少女が登場、なかなか面白い展開になっています。

 でも一番は雪女つらら。ロリロリ小学生も現在の中学生も可愛いですね。

 えっ?カナがヒロインだって?私はつららの方がお似合いだと思います。



●魔人探偵脳噛ネウロ

 ネウロが謎を食べるために殺人事件の謎を解いていく推理物だったはず…

 が、謎とか関係なくて、ネウロ達と新しい血族との戦いになっています。

 吾代と新しい血族の少年の因縁じみた関係とかは興味深くもありますが。

 弥子達普通の人間と新しい血族の戦いは力と力のぶつかり合いではない、

 弱い種族の人間が新しい血族にどう立ち向かうのかが問われる所ですね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のジャンプ『2008年25号』
 今週から新連載が2週続くようですけど、その一方であのマンガが予想通り最終回となりました。・トリコ 過去に読み切りも連載されていて、しまぶーのポテンシャルは十分分かってはいるのですが、主人公が最初から最強キャラとして君臨している以上、話の広がりと
[2008/05/21 17:09]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ