カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年46号の感想

週刊少年ジャンプ2008年46号の感想

2008/10/13 09:16 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

週刊少年ジャンプ2008年46号掲載作品の中で、

特に私の印象に残った作品の感想を書きます。



●NARUTO-ナルト-

 トビラ絵の出番がほとんどなかった人柱力の活躍も見てみたかったです。

 ペインが木ノ葉の里を急襲して、展開が少しずつ面白くなってきました。

 ペインは一人でもあのカカシを圧倒するほどの恐るべき強さのようです。

 カカシもそうですが、木ノ葉の忍者とペインの死闘は熱くなりそうです。

 仙人モードのナルトか…どの位、強くなるのか全く想像がつきませんが。



●HUNTER×HUNTER

 どうやらイカルゴとプロヴーダの戦いは決着がつくまで続くようですね。

 特にイカルゴは正面から直接戦えるほどの力は持ち合わせていないので、

 自分よりもはるかに実力が上のプロヴーダとどう戦うのか興味深いです。

 でも個人的にはイカルゴよりゴンやキルアを早く出してほしいのですが。



●BLEACH

 それにしても戦うまでが長いです。今回のお話、一ページで済むのでは?

 隊長と副隊長のやり取りから、何となく彼らの関係が伝わってきますが、

 個人的には死ねと突き放す砕蜂と大前田の関係が興味深くて面白いです。

 じゃあ死ぬなというのが砕蜂の本心で、実は彼女なりの気遣いなのかも…

 一番キツいのはウルキオラより強い十刃と一人で戦うことになる日番谷?



●ONE PIECE

 蛇姫はあまりにも美しさを強調しすぎるせいか、ウザさすら感じますね。

 私的にはマーガレットの方が純粋で真っ直ぐで可愛い娘だと思いますが。

 ルフィが見た目はほとんど化け物とはいえ女二人を相手にどう戦うのか…

 蛇姫は自分になびかないルフィに逆にメロメロになりそうな気がします。



●いぬまるだしっ

 ちょwいつの間にかパンツはかない幼児が何人も増えているんですけどw

 でもそいつらに振り回されっ放しのたまこ先生の可愛さときたらもうっ!

 モデルデビューをしたたまこ先生のおめかしした姿もまたたまりません!

 センターカラーの意味が全くないカラーの使い方は大石先生らしいですw



●アイシールド21

 アメフトの初心者の私でも明らかに無理っぽいプレーしてるのはわかる…

 ヒル魔の帝黒を欺く戦術やトリックプレーはドキドキワクワクしますが、

 セナのどう考えてもあり得ないプレーを見ているとちょっと複雑な心境…





★トラックバック送信先



意味不明な小部屋 様


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のジャンプ『2008年46号』
 月曜が祭日だという事を忘れかけていました・・・。NARUTOが9周年だそうで・・・「すごいね」としか言いようがないですが。・ハンター×ハンター 戦局を広げすぎたまま休載というのは、やはり再開後にわけが分からなくなるだけですよねぇ・・・。これはひ
[2008/10/13 23:08]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ