カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 河下水希 » 初恋限定。第21話「コノハナサクヤ1/3<つぼみひとつ>」の感想

初恋限定。第21話「コノハナサクヤ1/3<つぼみひとつ>」の感想

2008/03/03 08:05 | ジャンプ(SQ.) 河下水希 | コメント(0)

桜の花のように淡く色づく初恋が描かれる第21話の感想です。



●千倉名央とは

 あゆみ達仲良し五人組の中では、あまり目立った存在ではありませんが、

 普通に女の子らしくてかわいくてそして穏やかな笑顔が魅力的な女の子。

 怖い男子は苦手でも、キモい男子にも優しく接してくれるのがいいです。

 モテない勘違い系の曽我部が好意を寄せられているのは気付いていない…



●ただ思い出す

 冒頭のシーンから千倉名央は大切な人と別れざるを得なかったようです。

 それは別に好きな人がいたからなのかそれとも遠くに去って行ったから…

 それは優しい想い人との大切な思い出だからなおさら辛く感じるのかも。

 千倉名央が声を押し殺して泣くシーンはただただ切なくそして辛いです。



●ぶーたれ妹達

 おバカさんコンビのあゆみと小宵。ぶーたれ顔も愛すべきかわいさです。

 二人は江ノ本慧に言われてようやく自分達がしでかした事に気付きます。

 自分達の好きな人を傷付けたと。この子達はどこまでおバカさんなのかw

 でも素直でいい子なあゆみが泣いて謝るのを見ると思わず許してしまう…



●一人の美術室

 だってあゆみは放っておけませんから。恋するあゆみはかわいすぎます。

 それにしても絵を描いている千倉名央の方が絵になるような気がします。

 まるで桜のつぼみのようなかわいさの千倉名央を狙ってやってきた男は…

 もとい自分が在籍していた美術室にやってきた男は千倉名央憧れの先輩。



●憧れの先輩と

 連城由妃人。ぐわぁ、さわやかな格好良さが滅茶苦茶ムカつく野郎です。

 千倉名央が憧れを抱いたのはその外見…ではなく絵の素晴しさからです。

 でも優しく教えてもらう内に連城の人柄にも惹かれていく千倉名央です。

 誰がどう見ても曽我部に勝ち目はありませんが、千倉の初恋はどうなる?


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ