カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ M:70「2人(?)の分室」の感想

エム×ゼロ M:70「2人(?)の分室」の感想

ルーシーに要注目なM:70の感想です。



●滑塚との激闘の後

 これまでに戦ったどの一・二年生よりも魔法の実力が上の三年生の滑塚。

 いつもながらの追い詰められてからの九澄の戦いは見応えがありました。

 三年生をも納得させる九澄の強い意志や強運や機転はさすがというべき。

 でも今後は三年生も含めた魔法バトルに巻き込まれていく予感がします。



●プレートについて

 二年生でもトップクラスの永井支部長や伊勢兄はシルバープレートです。

 そして滑塚はルテニウムプレートで他の三年生もゴールドはいない模様。

 九澄のゴールドプレートまでの道程はまだまだ果てしなく遠いようです。

 今回新たに登場した魔法執行部の部長や副部長についても気になります。



●愛花と2人の部屋

 どんな甘いラブコメが展開されるかと思いきや柊父という大きな障害が…

 「私が勇気を持って正しい事をしようって決断したのにお父さんはそれを否定しちゃうの!?」

 外見はほんわかでもしっかりと自分の気持ちを言える愛花はすごいかも。

 いつまでも親バカな父親と自立していく娘のやり取りが面白かったです。

 柊父の電話でクラスのみんながやってきて、そう簡単にはいきませんが…



●ルーシーが塞いで

 今回の一番の見所は二度も九澄の鼻や口をルーシーが塞いでいるシーン…

 すごいえっちでドキドキします。だって体の前側を押し付ける格好です。

 アレだと絶対に胸とか大事な部分とかが当たっている事間違い無しです。

 個人的にはメインヒロインの愛花よりもツンデレ観月やルーシーがいい…


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ