カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第182話「訪問」の感想

結界師第182話「訪問」の感想

2007/09/13 10:34 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

裏会調査室が墨村家を訪問して…第182話の感想です。



●結界師への疑い濃厚

 神佑地狩りの件で墨村家を訪問した裏会調査室の波平と扇一族の扇六郎。

 最初は波平が話を進めます。事実とそれらに基づく可能性を突きつけて。

 結界師が犯人だと決めつけているかのような追い詰め方が嫌らしいです。

 でも結論ありきの誘導尋問という一方で探りを入れているような感じで…



●緊迫した中での動向

 話題が良守の母の守美子に及んでさらに扇六郎が決定的な挑発をします。

 お茶をぶっかけるどころではない一触即発の状態から大爆発してしまい…

 いずれ敵対するであろう扇六郎の人とは思えない能力が興味深いところ。

 でもあまりにも短絡的な行動ですね…全くもってどちらが悪者なんだか。



●波平の影に奥久尼アリ

 やけにあっけなく扇六郎に懐柔されてしまったのだとばかり思ってたら…

 誰かに話し方が似ている気がしたら奥久尼の部下だったとは予想外です。

 波平は結界師だけではなく扇一族の情報も引き出そうとした二重スパイ…

 さて奥久尼がどういう行動に出るのかも見所になってくる事は確実です。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 5月30日週刊少年マガジン26号連載開始
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第181夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:17巻-2月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2018年2月25日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月14日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ