カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ 第5巻「クラスマッチ」の紹介

エム×ゼロ 第5巻「クラスマッチ」の紹介

エム×ゼロ 5



表紙のちょっとボーイッシュな感じの観月尚美もいい…第5巻の紹介です。



●M:38「クラスマッチ?」

 愛花と乾深千夜が入った森の中の至る所にトラップが仕掛けられていて、

 二人が力を合わせて敵を出し抜くまでの駆け引きが見応えがありました。

 もう一人の女友達の三国久美の魔法バトルとは違った面白さがあります。

 そして愛花が九澄と合流してからがD組との戦いの最大の見所になって…



●M:39「クラスマッチ?」

 手を繋いだり肩を掴んだりする度に赤くなる二人が初々しくていいかも。

 特に愛花の他のヒロインにはない女の子らしい反応がとても可愛いです。

 キングを見つけた九澄は逆に敵にも見つかって魔法で捕獲されてしまい…

 それでもお得意のハッタリとルーシーで切り抜けるところが上手いです。



●M:40「クラスマッチ(インターミッション)」

 見事にD組に勝ったC組は休憩に入ります。そして要注目の昼食タイム。

 みんなの前で愛花からお手製お弁当をもらう一大イベントが発生します。

 4時起きで作ったという愛花の健気なところに思わず心がときめきます。

 本当に見た目どおりいい娘で、彼女に意地悪するF組の連中が憎いです。

 それだけに九澄が弁当死守&愛花をホッとさせるシーンが良かったです。

 一番の見所はキノコにまたがるルーシーがエロくて…食べてしまいたい!

 



●M:41「クラスマッチ?」

 九澄に恋するツンデレヒロイン観月尚美の再登場を待ちわびていました。

 彼女の九澄とバトルで会った時を想像というかベタな妄想が面白いです。

 敵の罠にかかった時のリアクションといい観月尚美はもう可愛すぎます。

 まずツンデレな性格…次にくびれのある体型すなわち胸やお尻…がいい。



●M:42「クラスマッチ?」

 大方の予想どおり九澄達C組と大門や観月達F組の決勝戦となりました。

 第二試合で圧倒的な実力を見せた小石川&大門の二人をどう攻略するか。

 これまではマンドレイクネットワークをフル活用して逃げていましたが、

 それもできなくなって…追い詰められた九澄の活躍が大いに楽しみです。



●M:43「クラスマッチ?」

 決勝戦開始直後に小石川は堤本達を倒して圧倒的な実力を見せつけます。

 一方九澄はというとルーシーと一緒に敵に見つからないよう慎重に行動…

 あいかわらず全裸のルーシーがぞくぞくする姿に私もぞくぞくしました。

 九澄はお約束どおりセーフティエリアのエリアバトルに参加させられて…



●M:44「クラスマッチ?」

 魔法トラップが随所に仕掛けられた障害物競走というアイディアがいい。

 それらを九澄達が四苦八苦しながら切り抜けていくのがまた面白いです。

 逆転につぐ逆転でどっちが勝ってもおかしくな展開も見応えがあります。

 そして勝つ九澄はハッタリや体力だけではなく強運にも恵まれています。



●M:45「クラスマッチ?」

 愛花達三人娘とF組女二人の女の戦いとなった魔法バトルも要注目です。

 実力が拮抗している者達の本格的な魔法バトルは見る者を引きつけます。

 力と力のぶつかり合い…華麗でいて使い勝手も抜群な魔法での駆け引き…

 すごく迫力があって面白いです。あとムチに縛られた三国久美がエロい。



●M:46「クラスマッチ?」

 三国久美の魔法バトルは従来の漫画の主人公のバトルを見ているようで、

 正攻法での戦いや追い詰められても最後まで諦めないところがいいです。

 おまけにナイスバディでお色気もあって色々な意味で魅力的な少女です。

 三国久美が敵と相討ちになった事で愛花と乾深千夜の二人だけになって…



●M:47「クラスマッチ?」

 出雲の尻に敷かれてしまっている伊勢。彼らのやり取りも興味深いです。

 そしてこの瞬間をどれだけ待ちわびたか…九澄は観月尚美と遭遇します。

 想像通りの事を九澄に言われて赤くなって逆ギレする観月も可愛いです。

 さらに小石川も合流して激戦の予感がしまくりでドキドキしまくりです。



●番外編「聖凪高の特別授業」

 お題はエムゼロのアイウエオ作文を九澄の班のメンバーが披露する事に。

 乾深千夜が指摘する露骨なキャラの表情の変化には笑ってしまいました。

 エッチなシーンを描く気が起きないという作者の愚痴はもどかしいかも。

 肝心の愛花のアイウエオ作文だけなかったのがすごく気になるのですが…

 (模範的な作文でネタにならないから?それともあえて外したとか?)


広告

関連記事
ぜひ胡玖葉たんのプロフィールは載ってほしいです。

委員長がまだ出ていないのは意外です。
[ 2007/09/09 19:45 ] [ 編集 ]
私も5巻を読みました。

6巻で書かれると思いますが、委員長の名前と九澄の姉さんのプロフィールが知りたいです。
[ 2007/09/07 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ