カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第180話「飛丸」の感想

結界師第180話「飛丸」の感想

2007/08/31 02:58 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

烏天狗の神佑地の主のお世継ぎが生まれるとかの第180話の感想です。



●次期主君誕生の瞬間

 烏天狗の神佑地に来た良守達は予想外の事態に巻き込まれてしまいます。

 まあ彼らの存在自体その原因を引き起こしたようなものなんですけどね…

 生まれたばかりのエロ天狗が良いではないかと迫るシーンが面白いです。

 時音の二つの柔らかい塊に頭を埋めてむにむにと感触を楽しむエロ天狗。



●エロ天狗が暴走して

 時音の二つの柔らかい塊には男の母性本能をくすぐる何かがあるのです。

 でもそんな貴重なお色気シーンが霞んでしまうのが次の標的の存在です。

 その人物の名前は影宮閃。やっぱりみんな女の子だと思ってしまいます。

 最後のボインは本当に良かった…時音より閃ちゃんの方が断然いいかも。



●神佑地で聞いたこと

 さて忘れてはいけないのが何故良守達が烏天狗の紫堂に会いに来たのか。

 烏森以外の神佑地では黒蝶の警告についてどうしているのかということ。

 実際に神佑地が消えているという事実からは何かが起こる予感がします。

 これに巫女サキの予言や烏森壊滅のイメージがどう絡むか興味深いです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 5月30日週刊少年マガジン26号連載開始
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第181夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:17巻-2月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2018年2月25日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月14日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ