カレンダー(月別アーカイブ)

12 ≪│2018/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第179話「山籠り」の感想

結界師第179話「山籠り」の感想

2007/08/25 09:48 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

良守と時音と影宮閃が烏天狗の会羽山にやって来て…第179話の感想です。



●舞台は会羽山天狗の城

 良守と時音と影宮閃が来たのは成り行きとしか言いようがありません。

 でも突然の出来事で取り乱して悪態を付き合う三人の姿が面白いです。

 どちらかといえばクール系な時音や閃が重い尻とか変態とか言われて、

 ムキになって言い合っている姿がこれ程までに楽しいとは予想外です。



●烏天狗の紫堂との再会

 良守が会羽山を選んだのも烏天狗の紫堂が親しみやすいキャラだから?

 前回と同じく良守と紫堂の漫才のようなやり取りは笑ってしまいます。

 まずは女性が二人も…と言う紫堂のセリフは聞き逃してはいけません。

 良守のたぶんという自身なさげな返答や閃の反応など見所が満載です。



●めでたくお世継ぎ誕生

 女性の時音が来た事によって山籠り中の殿のスイッチが入ってしまって、

 山が噴火したり雷が落ちたり竜巻が発生したりともう無茶苦茶な状況に。

 この作品は基本的にはシリアスなのですが会羽山イベントは面白いです。

 次回のお世継ぎ誕生のシーンでもどんな愉快な事になるのか楽しみです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第174夜、第175夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は1月10日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ