カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ 第4巻「九澄大賀探検隊」の紹介

エム×ゼロ 第4巻「九澄大賀探検隊」の紹介

エム×ゼロ 4 (4) (ジャンプコミックス)

エム×ゼロ 4 (4) (ジャンプコミックス)



ツンデレヒロイン観月尚美の魅力が満載の第4巻の紹介です。



●M:28「九澄大賀探検隊」

 ホーレンゲ草の影響で観月尚美に抱きついて好きと告白してしまう九澄。

 その衝撃のシーンを見て少しムキになって意地を張る愛花が可愛いです。

 必死に誤解を解こうとする九澄との初々しいやり取りが微笑ましいです。

 ちょっと積極的な愛花の言動からは九澄を意識しているのが伝わります。

 (やっぱり九澄と観月の仲が気になったりするところがいい…)



●M:29「妖しい洞窟」

 ホーレンゲ草探しに入った洞窟でマンドレイクのルーシーと出会います。

 スゲー可愛いうえに全裸で何も身にまとっていないのが刺激的すぎます。

 あとエロキャラとしての観月尚美の活躍ぶりにはドキドキしまくりです。

 パンチラそしてお尻が九澄の顔の上に乗ったときの赤面した表情がいい!



●M:30「魔の花」

 観月尚美がゼリー状の触手みたいなのに全身をまさぐられる姿がエロい。

 こうにゅるにゅるとフトモモや胸に巻きついていく様子に興奮しました。

 そして捕らわれの身になってしまう観月を九澄が格好良く助け出します。

 これまでツンツン強がっていた観月がデレデレ状態に陥落してしまって…

 (ドキンドキンとしている観月のそれまでとのギャップがたまりません)



●M:31「男はツライよ」

 前回魔法で透明になっていた愛花は文字どおり空気ヒロイン状態でした。

 嫉妬心を見せても胸を揉まれても観月のツンエロの前には霞んでしまい…

 「べ…別にあなたを心配してるんじゃないわよ」「~だけだから!!」

 素直になれない観月が可愛すぎ。これは愛花のヒロイン陥落の危機です。

 でも観月と話すことで愛花の九澄への誤解が徐々になくなっていきます。

 (このあたりの愛花の心理描写は地味ですがラブコメしていていいです)



●M:32「探検終了」

 ツンデレと空気…もとい正統派ヒロインの九澄をめぐる会話は必見です。

 愛花の素直なところもいいけど観月の意地っ張りなところも魅力的です。

 ルーシーの協力のおかげで幾多の困難を乗り越えて洞窟の奥に着く九澄。

 そして最大の功労者のルーシーがレベルアップするという展開になって…



●M:33「ルーシーはマイペース」

 素直に謝って反省するデレデレ状態の観月に心を奪われてしまいました。

 彼女の思惑どおり髪を切ったら印象が変わってすごく可愛くなりました。

 さて前回色々な能力を得たルーシーが九澄を追って聖凪高についてきて。

 たとえマンドレイクでもこんな可愛い娘に慕われる九澄がうらやましい…

 (ちょっとストーカーっぽいけど九澄大好きなのが伝わってきます)



●M:34「挑発」

 同学年では九澄の初のライバルとなる小石川と大門の二人が登場します。

 愛しの観月とラブラブな九澄に嫉妬して、魔法バトルを仕掛ける小石川。

 圧倒的な威力の魔法を使う小石川と頭を使う九澄のやり取りが見所です。

 でも最後のマジックにまたがるルーシーが色々な意味で印象的なのです。



●M:35「mosaic panic」

 ルーシーが作ったクイザモの油のせいで学校内はパニックに陥ります。

 んぐんぐとイケないモノを咥えているかのような観月がすごくエロい。

 他の女子もパンツ見えてるようだったり透けてるようなのがいいです。

 ただメインヒロインの愛花は心霊になっていてイマイチなのが残念で…



●M:36「クラスマッチ?」

 魔法を使えない九澄は参加選手の中で最も弱い存在ともいえるのですが、

 さらにVIPキャラクターとして選ばれることで追い詰められてしまいます。

 でもこういう状況になってからの方がより面白い展開になるんですよね。

 ルーシーと協力した九澄が敵の一人を仕留めたのはさすがと思いました。



●M:37「クラスマッチ?」

 本人も言っているけどクラスマッチでは体力とルーシーとM0頼みの九澄。

 個人的にはルーシーの活躍が見てみたいのですがはたしてどうなるのか?

 他の場所では三国久美達が敵と遭遇して魔法バトルを繰り広げています。

 本物の魔法バトルも見応えがあって…三国久美の華麗な戦いがいいです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ