カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第171話「隠密行動」の感想

結界師第171話「隠密行動」の感想

2007/06/21 11:07 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

烏森が新たな脅威にさらされた第171話の感想です。



●サブタイトルの意味について

 いつもサブタイトルがストーリーの内容に密接に結びついていますが、

 今回のはどういう意味が込められているのか考えてみることにします。

 急激に増え続ける黒蝶によって烏森の地が脅威にされされていますが、

 密かに正統継承者を監視する影宮閃にとってはこの騒動は絶好の機会。

 すなわち影宮閃の諜報活動が隠密行動を指していると思ったのですが…



●昼間の烏森に舞い降りた黒蝶

 良守や時音達がいくら黒蝶の妖を狩ってもまさに焼け石に水の状態です。

 最初は一匹だったのがどんどん増え続けて学校全体を覆い尽くすほどに…

 一匹だけだとすげーザコでも集団だと良守の式神を倒すほどの妖なので、

 あんなに増えてしまうと良守達では予測のできない事態になりそうです。

 具体的には学校の人間にどんな実害があるのかが気になるところですが…



●今回の結界師の見所について

 まずは何といっても良守と閃の共闘でしょう。とても見応えがあります。

 今後も二人が一緒に組んで妖と戦う展開があることに期待しています。

 (時音とかじいさんとかは抜きで二人だけで戦うのがいいんですよね)

 ちょっとふしぎちゃんな時音の言動よりも彼女の友達のまどかのお顔が…

 黒蝶にたかられているのがグロテスクで驚くと同時に面白かったですね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ