カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ M:52「クラスマッチ epilogue」の感想

エム×ゼロ M:52「クラスマッチ epilogue」の感想

全然見えないのがすごく悔しかったM:52の感想です。



●C組の勝利で優勝決定!

 決勝戦では最後に九澄が大門を倒して非常にいい感じの勝ち方でした。

 ほとんど強運だけで乗り切ったセーフティエリア争奪戦は別としても、

 小石川を圧倒したガチバトルや愛花の魔法を利用した大門戦はお見事。

 これから先の強敵達との魔法バトルでも九澄の活躍に期待が持てます。



●クラスマッチが終わって

 自分の活躍で周りから持ち上げられても謙虚な姿勢の愛花が好印象です。

 すごく嬉しくても九澄のフォローを忘れない彼女は健気でいい娘ですね。

 相手の実力を素直に認める大門のさわやかぶりにはちょっと驚きました。

 九澄には大門フラグも立ってしまいましたがはたしてどうなることやら…



●ドキドキワクワクな展開

 ついに読者のみんながお待ちかねのシャワーイベントがやってきました。

 愛花やスタイル抜群の三国久美やエロ要員のツンデレ観月尚美までもが…

 観月を川に落として汚したミッチョンの活躍はある意味MVPですよね。

 女子が皆で「洗いっこ」って津川達じゃなくても妄想が膨らむのですが。



●奈落の底に叩き落とされて

 こういう大事な時にこそエロキャラの伊勢が頼りになるというものです。

 まだ魔力が残っている審判玉とモニター玉を利用するなんてさすがです。

 そこに九澄が突っ込むというまるでとらぶるな展開にドキドキしまくり…

 それなのに女子の裸が魔法でほとんど見えないなんて裏切られたような。





せめて九澄がM0を発動させて女子の裸を拝ませてくれれば…

えっちなしーんにすごく期待していただけに残念でしたね。


広告

関連記事
せめて感触だけでも…(苦笑)
[ 2007/05/29 21:08 ] [ 編集 ]
覗きということで、伊勢が中心になることと、九澄が誤解を受けるということは予想通りでしたが、お色気シーンが一切なかったのは予想外でした。

私も期待していたので残念でした。

[ 2007/05/29 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ