カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » Key » ヒビキのマホウ第14話「温もりのマホウ」の感想

ヒビキのマホウ第14話「温もりのマホウ」の感想

2007/05/01 08:39 | Key | コメント(0)

コンプエースに連載中の「ヒビキのマホウ」

温もりを感じた第14話の感想です。



●悪魔にとり憑かれて

 子供達のかわりに廃墟にボールを取りに行った心優しいヒビキでしたが…

 そこで噂の悪魔にとり憑かれてしまった事から今回の物語が始まります。

 脳内で響く声の主が自分の手を操りみかんを潰すのを見て怯えるヒビキ。

 悪魔の言葉への過剰なリアクションが素直なヒビキらしくて可愛いです。



●悪魔のヒビキへの要求

 恐ろしい脅迫をしている割にはヒビキにやらせていることが子供っぽい…

 美味しい物を食べたり好きな時間に寝たりラボの研究から逃げ出したり。

 まるで好きなことを好きなように思いっきり楽しんでいるかのようです。

 そして悪魔はよりにもよって生徒のアヒトに抱きつくよう要求してきて…



●そして悪魔は満足して

 悪魔の正体は皮膚の成分を代償にして醜い姿に成り果てたマホウツカイ。

 彼の願望をヒビキが全てかなえたことで満足して成仏したのでしょう。

 人に拒絶された彼が再び触れた人の温もりは何にもかえがたいものです。

 孤独な悪魔の真相を知って涙を流すヒビキの優しさが流す涙が温かくて。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ